96年まで続いた「差別」 なぜ国は障害者の人権を奪ったのか?

ジュニアエラ

2018/08/12 07:00

 戦後50年近くの間、日本では国の法律により、障害がある人たちに子どもを持てなくなる手術(不妊手術)を無理やり受けさせていた。当時手術を受けた人たちが今、国に謝罪や補償を求め、声を上げ始めている。なぜこんな悲劇が起きたのか。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された朝日新聞社会部の貞國聖子さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • やまゆり園殺傷事件を問い直す 私の中にも「小さな植松」がいる

    やまゆり園殺傷事件を問い直す 私の中にも「小さな植松」がいる

    AERA

    3/13

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    週刊朝日

    11/4

  • 特 集 障害者に愛されるテレビとは!?  私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    特 集 障害者に愛されるテレビとは!? 私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    GALAC

    11/29

    特定秘密保護法は国民の差別意識を助長する?

    特定秘密保護法は国民の差別意識を助長する?

    週刊朝日

    12/24

  • 27歳娘の死亡補償は35万円…海外での犯罪被害者への支援不足 父親が訴え

    27歳娘の死亡補償は35万円…海外での犯罪被害者への支援不足 父親が訴え

    AERA

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す