【PR】知の先端を学べる充実した10研究科を擁する国士舘大学大学院。社会人も学びやすい環境を用意!

 国士舘大学大学院は、1965年に政治学研究科と経済学研究科を開設以来、時代とともに高度な教育研究を推進してきた。現在では、10研究科を設置し、高度な理論探究と実践的研究との両面から真理を究明し、それぞれの分野におけるプロフェッショナルの養成を目指している。また、社会人選考試験を各研究科で行っており、研究意欲の高い社会人を積極的に受け入れている。

国士舘大学大学院の詳細や2023年度入試情報について、詳しくはこちら >
願書・資料請求 >

 国士舘大学大学院は10研究科15専攻を擁しており、学生一人ひとりの目的やライフスタイルに合わせて様々な研究に取り組むことができる。現在、人文科学研究科で歴史考古学を学んでいる学生に、大学院に進学するきっかけや授業について、また今後の目標などについて話を聞いてみた。

◇研究を楽しむ!国士舘大学大学院生インタビュー

『文化財に関わる職業に就くために、歴史考古学を学修中。発掘された瓦の文様から、当時のあり様を研究しています』

国士舘大学大学院 人文科学研究科 人文科学専攻 修士課程2年宇髙 美友子 さん
国士舘大学大学院 人文科学研究科 人文科学専攻 修士課程2年
宇髙 美友子 さん

■下野国分寺創建期の瓦の生産地ごとの供給量の違いを研究

 大学時代に考古学を一から学びはじめた宇髙さんは、卒業論文を執筆する中で、考古学の奥深さや面白さに気づき、大学院に進学することにした。

「将来、埋蔵文化財に関わる職業に就きたいと考えるようになり、そのために必要な専門性の高い知識を身につけたいという思いもありました」

 大学時代に、学芸員資格を取得したほか、大学院で所定の科目を修得することでワンランクアップする考古調査士資格に必要な科目も修得し、埋蔵文化財に関わる職業に就くための下準備を整えた。

「人文科学専攻に入学したのは、考古学を専門に学べる考古・歴史学コースがあり、私が研究対象にしている『古代』『寺院』『瓦』などを専門にする教授から質の高い指導を受けることができ、研究内容を高められると考えたからです。また、フィールドワークが多く、現地に行き、現物に触れる機会が多いことも国士舘大学大学院を選んだ理由です」

『古瓦の考古学』の著者の一人でもある眞保昌弘教授から、現在、研究指導を受けている。

「歴史考古学という、文字が使われた時代について、遺跡・遺構の調査によって歴史的事実の裏付けを行ったり、住居など建築物の出土品から日常生活のあり様を考究したりする考古学について学んでいます。

 私は下野(現在の栃木県)に建立された下野国分寺の創建期にふかれた瓦について研究しています。

 瓦は、文様や胎土、製作技法などの違いから、生産場所を特定することができ、下野国分寺創建期の瓦は、下野国内のいくつかの郡の窯跡で生産されて供給していたことが明らかになっています。私が注目しているのは、近年の発掘調査により明らかになった、郡ごとの供給量の違いについてです」

■大学院修了後も文化財研究を続けていきたい

 大学院での授業は、いずれも少人数によるゼミ形式が多く、幅広い知識を吸収するのに役立っている。宇髙さんの研究力を高めるのに役立っている科目の一つに、「考古学演習Ⅰ・Ⅱ」がある。

「先生が講演会で発表した内容について講義を受けた上で討論したり、各自が取り組んでいる研究の進み具合や成果、課題などを発表し、先生から指導を受けたり、学生間で意見を交わしたりする授業です。講義では考古学の学術的な話だけでなく、文化財行政の仕事をされていた時の経験などを聞くこともでき、とても参考になります」

 現在、文化財に関わる職業に就くために、納得のいく修士論文を書き上げることを目標にしている。

「修了後も研究を続け、文化財の保護と活用に貢献できる力を常に高めていきたいと思っています」

国士舘大学 世田谷キャンパス
国士舘大学 世田谷キャンパス

*   *   *

 国士舘大学大学院では、実務経験豊かな教員を配置し、大学院教育の充実強化を図っている。2023年4月からは、経済学研究科で新カリキュラムがスタート。そこで、新しいカリキュラムについて研究科長に話を聞いてみた。

◇研究科長インタビュー(経済学研究科) ~新カリキュラムがスタート!~

『社会に貢献できる経済分野の研究者と高度専門職業人の養成を目指し、多様な選択肢を提供しています』

国士舘大学大学院 経済学研究科許 海珠 研究科長・教授
国士舘大学大学院 経済学研究科
許 海珠 研究科長・教授

■経済学の「奥深さ」を理論、歴史、政策から探究

 国士舘大学大学院経済学研究科では、経済学という学問の「奥深さ」について理解を深められるように、経済学の基本となる理論、歴史、政策分野から、実社会経済の激しい変化に対応できる専門研究領域をカバーする応用経済学や租税法・会計学関連の分野まで、幅広い研究領域に科目を配置し、基礎から応用まで体系的に学修することができる。

■領域横断的な研究意欲にも応える、新しいカリキュラムがスタート

 2023年4月から、将来の進路やキャリアにつながる研究・学修ができ、多様な選択肢を提供する新カリキュラムが修士課程でスタートする。

『セメスター制』の導入により、科目履修期間が半期になることで、自分に合った科目の選択と学修がしやすくなる。併せて、1年次は5つの研究領域から自由に科目を選択し、2年次に自分に合ったコースの選択ができる『コース制』を取り入れる。

 5つの研究領域に配置される科目数は45科目にわたることから、自らの関心や将来目的に合わせて各領域を深く研究することも、領域横断的な研究を進めることも可能。現代社会のITが生み出した課題の解決策を文理融合の多面的視点で議論する「情報産業論研究」「情報社会・情報倫理研究」をはじめ、「環境経済論研究」といった社会ニーズに応じた新しい学びも提供。

 コースには、研究者を目指す『研究コース』、専門スキルが求められる職業に就くための『特定課題研究コース』、税理士国家試験の試験科目一部免除認定申請が可能な『租税法・会計コース』を設置。本研究科は、これまでに試験科目免除申請を受けた修了生が多く輩出してきたように、指導にあたる教員陣が充実しているのも特色の一つだ。

■社会人が学びやすい環境を整備

 社会人が学びやすいように、入学試験に社会人選考を設けているほか、いずれのコースでも、平日夜間と土曜日に科目を開講。

 授業は目的に応じて、コンピュータ教室やプレゼンテーションに適した教室を使用するなど、多様に展開している。

経済学研究科 新カリキュラムについて、詳しくはこちらへ >

国士舘大学 中央図書館(世田谷キャンパス)
国士舘大学 中央図書館(世田谷キャンパス)

◆国士舘大学大学院 10研究科の概要

○政治学研究科 政治学専攻[修士、博士]

政治学研究科は、専門的な研究者や教育者の養成を目指し、政治の主要分野をはじめ、政治行政やアジアを取り巻く政治・文化をテーマにした問題にも取り組んでいる。また、高度な専門的知識を身につける社会人のリカレント教育の場として活況を呈するとともに、教職免許の専修免許も取得が可能。【昼間・夜間/土曜日開講】

○経済学研究科 経済学専攻[修士、博士]

 経済学研究科は、2023年度から新しいカリキュラムがスタートする。修士課程では「セメスター制」と「コース制(研究コース、特定課題研究コース、租税法・会計コース)」が導入され、博士課程では研究領域・分野別に科目が配置される。学位取得に向けた研究・学修を積極的にサポートし、社会人、留学生も積極的に受け入れている。【昼間・夜間/土曜日開講】

○経営学研究科 経営学専攻[修士、博士]

経営学研究科は、経営・会計の高度職業人および研究者の養成を目指している。「修士論文研究コース」と「特定課題研究コース」を設け、最新の経営理論・研究成果・ケーススタディーを学ぶ授業を通じて、実社会で活躍する社会人のリフレッシュ教育を行っている。経営グローバル化に対応する教育・研究も行っている。【昼間・夜間/土曜日開講】

○法学研究科 法学専攻[修士、博士]

法学研究科の修士課程では、「基幹法コース」「税法・ビジネス法コース」「スポーツ法コース」の3コース制を導入。社会の要請に応えて、より高度の法理論および実務理論の教授・研究を通して、高度な専門職業人の養成に取り組んでいる。社会人も積極的に受け入れ、法理論に裏付けられた事務処理能力を身につけられるように指導している。【昼間・夜間/土曜日開講】

○総合知的財産法学研究科 総合知的財産法学専攻[修士]

法律の基礎である憲法、行政法、民法、民事訴訟法などを修得した上で、経営学や工学などを包括的に学ぶことで、知的財産法の専門家を育成している。内外で知的財産の実務に携わる専門家を教授陣に迎え、理論と実践の融合を図る指導を行っている。特許事務所における実務研修「エクスターンシップ」も取り入れている。【昼間・夜間/土曜日開講】

○工学研究科 機械工学専攻/電気工学専攻/建設工学専攻[修士]、応用システム工学専攻[博士]

工学研究科は、応用学力を身につけ、優れた応用開発能力を有し、創造性豊かでユニークな技術者、研究者の養成を目的としている。修士課程では、機械工学専攻、電気工学専攻、建設工学専攻を設置し、各専攻に2~5コースを設けている【昼間・夜間/土曜日開講】。また博士課程は、修士3専攻を統合する形で応用システム工学専攻のみを設けている。【昼間/土曜日開講】

○人文科学研究科 人文科学専攻/教育学専攻[修士、博士]

人文科学研究科は人文科学の諸分野研究を究められるように、修士課程および博士課程から構成されている。修士課程では研究能力開発とともに時代の要請に応える高度な知見を身につけた職業人の養成を目指し、博士課程では特に研究者養成に力を入れている。【昼間・夜間/土曜日開講】

○スポーツ・システム研究科 スポーツ・システム専攻[修士、博士]

スポーツ教育コースとスポーツ科学コースを設置し、競技スポーツから生涯スポーツまで、多種多様なスポーツ事象を研究対象とし、院生の興味や関心に応じた研究活動ができる環境を整えている。世界各国・地域が抱えるスポーツの諸問題をシステム的にとらえ、それを解決できる高度職業人や研究者の育成を目指している。【昼間・夜間/土曜日開講】

○救急システム研究科 救急救命システム専攻[修士、博士]、救急救命システム専攻(1年制コース)[修士]

医師や看護師、救急救命士といった病院前救急医療に携わる国家資格有資格者に対する高度な教育と研究を行う。日本のみならず、世界各国・地域が抱える病院前救急医療に関する諸問題をシステム的にとらえ、それを解決できる専門能力と豊かな学識を有する高度専門職業人の育成を目指している。【昼間・夜間/土曜日開講】

○グローバルアジア研究科 グローバルアジア専攻[修士]、グローバルアジア研究専攻[博士]

グローバルアジア研究科では、グローバル化が進むアジアを研究対象とするため、経済学、経営学、歴史学、国際関係論、言語教育、文化研究、先史学、考古学、保存科学、文化政策論といったさまざまな学問領域が連携・融合する、総合的かつ先端的な研究に取り組むことができる。【修士:昼間/土曜日開講、博士:昼間開講】

各研究科の詳細や2023年度入試情報について、詳しくはこちら >
願書・資料請求 >

【お問い合わせ】
国士舘大学 教務部 大学院課
所在地/〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1
TEL/03-5481-3140

提供:国士舘大学大学院

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す