[PR]発毛剤・育毛剤を使う前に、薬用スカルプシャンプーを選ぶ |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

[PR]発毛剤・育毛剤を使う前に、薬用スカルプシャンプーを選ぶ

文/加藤智一 企画・制作/AERA dot. AD セクション
このエントリーをはてなブックマークに追加
 今年は、各社から新たな発毛剤ブランドが続々と誕生している。それらの新製品がさまざまなメディアで取り上げられたことで、いままで発毛剤を使ったことがない男性も、発毛剤を手に取るようになり、ユーザーが増えたと言われている。

 ただ、発毛剤を使う前に、注意すべきことがある。それは“いまの自分の頭皮が健康な状態であるのか”ということ。たとえば、皮脂汚れや乾燥している状態で発毛剤を使ったとしたら、頭皮にとっては有効でないばかりか、ダメージを与えかねないからだ。

 したがって、発毛剤を購入する前にまずは正しい頭皮ケアを心がけたい。それには薬用のヘアケア用品がおすすめ。薬用スカルプシャンプーはその名の通り、スカルプ=頭皮をケアする有効成分が配合されていることが特長だ。

 たとえば、男性用シャンプー分野で、10年連続売り上げナンバーワン(※1)の「薬用スカルプD」は独自開発した洗浄成分「アミノDウォッシュ」(※2)を配合している。

 スカルプDは頭皮を清潔に保つ、高い洗浄性を発揮しながら、バリア機能の維持も実現。発毛剤や育毛剤の浸透(※3)を妨げる、皮脂汚れを落としつつ、頭皮のうるおいを保つよう工夫されている。そのため、乾燥が気になる方でも使用できる。

※1 富士経済「化粧品マーケティング要覧2019 No.2」メンズシャンプー・リンス(2009 年~2018 年)
※2 N- ラウロイル-L- アスパラギン酸ナトリウム液
※3 角質層まで
イメージ図

イメージ図

 加えて、「薬用スカルプD」は、頭皮状態により、超脂性肌用、脂性肌用、乾燥肌用と、3種類の洗浄タイプを用意していることが特徴的。

 超脂性肌用は頭皮のべたつきがひどく悩んでいる方や、日中の仕事や運動などで頭皮に激しく汗をかく方に最適なタイプ。脂性肌用は頭皮のべたつきやにおいが気になる方、そして、乾燥肌用はフケやかゆみ、頭皮に乾燥感を感じる方に適している。このようなバリエ―ションがあれば、頭皮を健康的な状態に整えて、発毛剤や育毛剤の前に頭皮環境を整えてくれるだろう。

あなたの頭皮はどのタイプ?

 30歳を過ぎたら、将来の髪や頭皮のために“投資”が必要になってくる。髪のボリュームが気になりながらも、シャンプーを「なんとなく」や「安いから」で選んでいるようでは心もとない。頭皮と真摯に向き合った薬用スカルプシャンプーを使うことで、健やかな頭皮環境を育もう。
【医薬部外品】<br>
左から/薬用スカルプSOシャンプーNK14(超脂性肌用)、薬用スカルプOシャンプーNK14(脂性肌用)、薬用スカルプDシャンプーNK14(乾燥肌用)<br>
内容量:各350mL [約2カ月分] ※1日1回2プッシュの場合<br>
通常価格:各3,973円(税込み)

【医薬部外品】
左から/薬用スカルプSOシャンプーNK14(超脂性肌用)、薬用スカルプOシャンプーNK14(脂性肌用)、薬用スカルプDシャンプーNK14(乾燥肌用)
内容量:各350mL [約2カ月分] ※1日1回2プッシュの場合
通常価格:各3,973円(税込み)

詳しくはこちらから

提供:アンファー株式会社

トップにもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加