愛知の公立小が、算数も理科も英語で学ぶ「イマージョン教育」を始めた理由

イマージョン教育

2021/08/23 10:00

 2020年、文部科学省が定める教育課程の基準である学習指導要領が新しくなりました。公立小学校の英語教育はこれを受けて、大きな変化を見せています。『AERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2022」』では、公立小の英語教育の現場を取材しました。

あわせて読みたい

  • 現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    現役高校教員が訴える 民間試験導入延期で、英語教育はどう変わるか

    dot.

    5/7

    「まさか自分が教えるとは…」英語教育で小学校教員に募る不安

    「まさか自分が教えるとは…」英語教育で小学校教員に募る不安

    AERA

    4/21

  • 公立小の特色作りは「パフォーマンス」? 尾木ママが指摘

    公立小の特色作りは「パフォーマンス」? 尾木ママが指摘

    AERA

    7/4

    学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」
    筆者の顔写真

    福田晴一

    学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」

    AERA

    11/13

  • 授業ではバンバン英語、休み時間は日本語 話題の英語教育

    授業ではバンバン英語、休み時間は日本語 話題の英語教育

    AERA

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す