新幹線で月まで行くと63日かかる では火星まではどのくらい?

  • 1969年、アポロ11号の乗組員が初めて月に降り立ったときの様子 (c)朝日新聞社

    1969年、アポロ11号の乗組員が初めて月に降り立ったときの様子 (c)朝日新聞社

  • 佐伯和人先生/大阪大学理学研究科准教授。JAXA月周回衛星「かぐや」プロジェクトの共同研究員を務め、小型月着陸実証機「SLIM」などにも参加。著書に『月はぼくらの宇宙港』、『世界はなぜ月をめざすのか』など。(撮影/熊谷武二)

    佐伯和人先生/大阪大学理学研究科准教授。JAXA月周回衛星「かぐや」プロジェクトの共同研究員を務め、小型月着陸実証機「SLIM」などにも参加。著書に『月はぼくらの宇宙港』、『世界はなぜ月をめざすのか』など。(撮影/熊谷武二)

  • 関連記事

    • きたる4月4日は、月が地球の影にすっぽり入る皆既月食の日!

      きたる4月4日は、月が地球の影にすっぽり入る皆既月食の日!

    • 7月28日皆既月食、31日火星大接近!夏の夜空を飾る天体ショーをお見逃しなく!

      7月28日皆既月食、31日火星大接近!夏の夜空を飾る天体ショーをお見逃しなく!

    • 今年最大の天体ショー!5月26日の皆既月食は「レッド・スーパームーン」

      今年最大の天体ショー!5月26日の皆既月食は「レッド・スーパームーン」

    写真の記事を読む
1969年、アポロ11号の乗組員が初めて月に降り立ったときの様子 (c)朝日新聞社
佐伯和人先生/大阪大学理学研究科准教授。JAXA月周回衛星「かぐや」プロジェクトの共同研究員を務め、小型月着陸実証機「SLIM」などにも参加。著書に『月はぼくらの宇宙港』、『世界はなぜ月をめざすのか』など。(撮影/熊谷武二)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 11月19日は、今年2度目の月食。「深くて長い」部分月食に注目しましょう!

    11月19日は、今年2度目の月食。「深くて長い」部分月食に注目しましょう!

    tenki.jp

    11/18

    2022年の見逃せない天文現象は?珍しい惑星の集合、最高の条件となる皆既月食、火星の接近に注目!

    2022年の見逃せない天文現象は?珍しい惑星の集合、最高の条件となる皆既月食、火星の接近に注目!

    tenki.jp

    1/8

  • 第23回 宇宙のヒミツを知り、月を愛でる心も育む『月の満ちかけ絵本』

    第23回 宇宙のヒミツを知り、月を愛でる心も育む『月の満ちかけ絵本』

    8/8

    速報 宇宙から見た「日食」 見えない方も楽しんで

    速報 宇宙から見た「日食」 見えない方も楽しんで

    tenki.jp

    12/26

  • 中国が世界で初めて月の「裏側」に探査機を着陸できた理由

    中国が世界で初めて月の「裏側」に探査機を着陸できた理由

    AERA

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す