【PR】【Vol.4】人間総合科学大学「"よりよく生きるための知恵”を身につけ、専門職を育成」 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.×日本の知の力

Sponsored by 人間総合科学大学

私学初の通信教育課程のみの大学として開学した人間総合科学大学(UHAS/ユーハス)。 現在は通学課程も含めた2学部5学科で、未来を見据えた人材を育成している。

【Vol.4】人間総合科学大学「"よりよく生きるための知恵”を身につけ、専門職を育成」


「自立」と「共生」の心を育み
生きる姿勢を作る

人間総合科学大学学長・久住眞理

──人間総合科学大学のスローガンは「右手にライセンス、左手に生きる力」だそうですね。

久住:はい。本学は人間を「こころ」「からだ」「環境・社会」の側面から総合的に探究することを目的に開学しました。その理念のもと、医療・健康・食に関わる専門職を育てています。国家資格の取得(=ライセンス)と自己教育力の涵養(かんよう=生きる力)の2本立てで、社会やひととの関係や経験によってはじめて修得できる「ものの見方」「考え方」や「価値観」……言い換えると生きていくための「知恵」の創造を、教育のベースにしています。

 本学では、その「知恵」の総体を「よりよく生きるための知恵(Knowledge for wellbeing)」と呼び、本学の特色をなす科目「ヒューマン―私たち人類の壮大な物語」の中で、人間とは何かを全員が学びます。

 18歳から22歳という、子どもから大人になる非常に大切な時期に自分の頭で考え、心で感じて、「自立」すると同時に、変わりゆく社会の中で支え合い、人の役に立つ、「共生」していく力を養います。自立と共生のバランスをとりながら、自身の「生きる姿勢」を作る手助けをするのが、本学の使命です。

新時代の専門職には
「人間の統合理解」が不可欠

──専門職として、これから求められる素養は何ですか?

久住:新しい時代における"心身健康”教育です。

 ゲノム科学や脳科学、AIやデータサイエンスが発達する中で、医療・健康・食の専門職として活躍するためには、「心」と「体」の密接な関係性を、多角的に理解する必要があります。ゲノムや脳を知ることは、人々の健康や生命を維持するうえで必須となるでしょうし、AIやデータを使って人々の日常生活や行動を理解することは、QOLの向上を図るうえで、また、SDGsの達成に向けた取り組みとしても重要です。本学の「心身健康科学」という学問領域は、これから人間や社会にとって有益な学びになるはずです。

──教員と学生の距離が近いというのも魅力のひとつと伺いました。

久住:本学では、通学課程も通信課程も、担任制度をとっています。学生を一人ひとりの大切な存在として認識しています。教員は学生の応援団。知識をひけらかすのではなく学問の必要性が理解でき、頭に残るよう手助けし、先輩として、知識の整理の仕方などを教えてあげる。「教え上手」と「励まし上手」という2点を重要視しています。

久住眞理
人間総合科学大学学長

1993年に早稲田医療技術専門学校を設立、2000年に人間総合科学大学を創立。主な著書に『新時代の"学び"考』『心身健康科学』、『ヒューマン-私たち人類の壮大な物語』ほか

人間総合科学大学

■蓮田キャンパス 埼玉県さいたま市岩槻区馬込1288

■岩槻キャンパス 埼玉県さいたま市岩槻区太田字新正寺曲輪354-3

■東京サテライトキャンパス 東京都新宿区西早稲田3-18-4

人間総合科学大学について詳しくはこちら

文:mao イラスト:miho miyauchi デザイン:佐藤ジョウタ+鈴木マサル(iroiroinc.) 写真提供:人間総合科学大学

このページは人間総合科学大学が提供するAERA dot.のスポンサードコンテンツです。

「日本の知の力」一覧

「日本の知の力」ホーム