注目ワード

地震   清原和博   舛添都知事   皇室   東京五輪

田原総一朗「変化を恐れつまずいたシャープに日本企業が学ぶべきこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/2/10 07:00)

かつては世界に誇る日本企業のひとつであったシャープ(※イメージ)

かつては世界に誇る日本企業のひとつであったシャープ(※イメージ)

 かつては世界に誇る日本企業のひとつであったシャープ。しかし、2012年以降の経営危機から再建の目途が立たず、鴻海精密工業(台湾)の傘下となる可能性が濃厚となった。なぜ、シャープは自力で再建できなかったのか。ジャーナリストの田原総一朗氏はその傲慢な姿勢を指摘する。

*  *  *
 かつて液晶技術で世界をリードしたシャープが、台湾の鴻海精密工業の傘下に入ることになった。

 シャープは当初、政府が出資する「国策ファンド」である産業革新機構の再建案を受け入れるとみられていた。機構はシャープ本体に3千億円規模の出資をすると同時に、液晶事業を分社。2018年をめどに革新機構傘下の中小型パネル大手・ジャパンディスプレイと統合することを目指していた。

 それに対して、鴻海は7千億円規模の再建案を示しているとみられ、シャープの雇用や経営陣も維持する考えを伝えたようだ。

 それにしても、液晶技術で世界最強だったシャープが、なぜ台湾企業の傘下に入ることになったのか。

 実は、11年に経済産業省がシャープにジャパンディスプレイへの合流をうながしたことがあった。韓国や台湾の官民一体となった液晶企業の攻勢に、民間だけでは抗しきれないのではないか、と経産省が危ぶみ、シャープとジャパンディスプレイという、液晶の日本代表企業をつくろうと図ったのである。だが、シャープは経産省の誘いを断った。

「液晶で世界最強のシャープが、なぜ負け組と一緒になる必要があるんだ」

 当時の町田勝彦会長は、こううそぶいたという。たしかにジャパンディスプレイの筆頭株主は産業革新機構で、政府に助けてもらっている企業ではあった。だが、このころからシャープの業績は坂道を転がるようにして落ちていくのである。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   企業 , 田原総一朗 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー