甘利前大臣“銭ゲバ”伝説 美術品転がしで1400万円、お車代10万円、料亭接待4夜で200万円

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/2/ 3 07:00)

辞表提出のため官邸に入る甘利氏 (c)朝日新聞社

辞表提出のため官邸に入る甘利氏 (c)朝日新聞社

 1月28日、甘利明・前経済再生相が辞任会見を行った。甘利氏の“首”を取ったのは、同月21日に発売された週刊文春だ。千葉県白井市にある建設会社「S」社の総務担当者I氏が、甘利氏の秘書らに総額で1200万円にのぼる裏ガネの提供や飲食接待をしていた疑惑を写真、録音などの記録付きで暴露したのだ。

 降って湧いたように明るみに出た、甘利事務所の“銭ゲバ”体質。だが、その前兆を本誌は掴んでいた。今から遡ること5年前、甘利氏が“美術品転がし”で1千万円以上を濡れ手に粟で得ていた疑惑があったのだ。

 甘利氏のホームページ(HP)には≪先祖は武田信玄の末裔です(本当)。信玄の親戚であり、重臣No2甘利虎泰(あまりとらやす)が我が先祖です≫とあり、趣味は≪美術品鑑賞≫とある。

 今回の疑惑の舞台となった甘利氏の資金管理団体「甘山会」の会長をかつて務めたのは、おもちゃ業界大手「バンダイ」創業者の長男、Y氏だった。Y氏の個人会社元幹部が証言する。

「約10年前、甘利さん本人が、Y氏のオフィスに美術品3点を持ってきて『買ってほしい』と言ってきました。Y氏はそれを言い値のまま、約1500万円でポンと買いました」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内 アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー