注目ワード

リオ五輪   皇室   熱中症   高校野球   夏休み   SMAP

スキャンダル処女だったCM女王の危機 自ら記者会見を申し出たベッキーの勝算

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/13 11:30)

どう身を振るベキ?(※イメージ)

どう身を振るベキ?(※イメージ)

「多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」

 1月6日夜、おびただしく光るフラッシュの中で、タレントのベッキー(31)が頭を下げた。翌日に発売を控えた雑誌に載る人生初の恋愛スキャンダルに対する謝罪会見をしたのだ。

「文書でも済むところを、自分で話して皆に謝りたいと言った。彼女の精いっぱいの誠意だったと思いますよ」(所属事務所の関係者)

 お相手は昨年ブレークして紅白にも出場したバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん/27)。彼が昨夏に一般女性と結婚していて不倫?と騒がれたが、ベッキーは会見で「お付き合いということはなく友人」と火を打ち消すように釈明。だが一夜明け、鎮まりかけた火が大炎上。彼と一緒にいるホテル内の自撮り写真や、<一緒に居られるだけで、ただただ幸せ>などLINEのメッセージが公開されていたからだ。友人というには親密すぎた。

「これはピンチ」と芸能評論家の三杉武さんは言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   ベッキー , 不倫 , 熱愛 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンタメ アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー