著作が伝えるジャーナリスト・後藤健二さんの思い

イスラム国

2015/02/04 11:15

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」を名乗るグループにより命を奪われた、フリージャーナリストの後藤健二さん。殺害された2月1日以降、後藤さんの過去のTwitterでの発言にも注目が集まり、なかでも2010年9月7日でつぶやかれた"目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。-そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった"のツイートは、3万5千回以上もリツイートされ拡散し続けています(2月4日現在)。

あわせて読みたい

  • 人質となった後藤健二さん メールの「気になる一言」

    人質となった後藤健二さん メールの「気になる一言」

    AERA

    2/2

    後藤健二が残した「紛争地の現実と子どもたちの夢」

    後藤健二が残した「紛争地の現実と子どもたちの夢」

    週刊朝日

    2/12

  • シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    dot.

    8/20

    後藤健二さんのもう一つの「顔」 埼玉の子供めぐる裁判

    後藤健二さんのもう一つの「顔」 埼玉の子供めぐる裁判

    AERA

    4/25

  • 「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す