偉業達成した球児も…“甲子園2019夏”のヒーロー8人 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

偉業達成した球児も…“甲子園2019夏”のヒーロー8人

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
 新たな100年のスタートを切った第101回全国高校野球選手権大会は、履正社の初優勝で幕を閉じた。奪三振ショー、逆転満塁本塁打にサイクル安打……。令和最初の王者を争う全48試合を記録した『甲子園Heroes 2019』から、人々に鮮烈な記憶を残した8人の選手を紹介する。

【“甲子園2019夏”のヒーロー8人の写真はこちら】

■奥川恭伸 投手/星稜(石川)
自己最速の154キロを計測した大会ナンバーワン投手で、チームを24年ぶりの決勝進出に導いた。変化球の制球力も抜群。3回戦の智弁和歌山戦では14回を完投し、23三振を奪った。マウンドで見せる笑顔も印象的だった
奥川恭伸 投手/星稜(石川) (撮影/遠崎智宏)

奥川恭伸 投手/星稜(石川) (撮影/遠崎智宏)

■中森俊介 投手/明石商(兵庫)
体全体を使ったフォームで速球を投げ込む本格派の2年生。甲子園では151キロを投げ、自己最速を更新した。春夏連続ベスト4に貢献。登板時にはマウンドで両手を上に向けて祈るようなポーズも見せた

■元 謙太 外野手/中京学院大中京(岐阜)
背番号は「3」ながら、マウンドでも奮闘した2年生。継投が持ち味のチームで、投手に内野手、外野手と大忙しの夏を過ごした。準々決勝の作新学院戦では八回に逆転満塁本塁打を放ち、初の4強入りの立役者となった
[左]中森俊介 投手/明石商(兵庫)、[右]元 謙太 外野手/中京学院大中京(岐阜) (撮影/写真部・加藤夏子)

[左]中森俊介 投手/明石商(兵庫)、[右]元 謙太 外野手/中京学院大中京(岐阜) (撮影/写真部・加藤夏子)


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい