初恋スリッパやビリーも…平成「ダイエット」“黒”歴史 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

初恋スリッパやビリーも…平成「ダイエット」“黒”歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵週刊朝日#ダイエット
【ダンベル体操】
運動系ダイエットの定番。軽いダンベルを使うシニア向け運動としても定着した
【平成2年ごろ】初恋スリッパ/【平成7年ごろ】ダンベル体操 (c)朝日新聞社

【平成2年ごろ】初恋スリッパ/【平成7年ごろ】ダンベル体操 (c)朝日新聞社


■平成17年ごろ
【バランスボール】
座るとグラグラして体幹が鍛えられるとされ、オフィスのイスとして使う企業も登場

■平成19年ごろ
【ビリーズブートキャンプ】
平成ダイエット界の象徴といえばビリー隊長。2009年には、日本語の家庭教師だった日本人女性と結婚。その奥様、ブランクス知子さんがこう言う。「ビリーは子どもの時から空手に励み、ずっと日本に憧れていたそうです。でも来日したら日本人はみんな、ブートキャンプはキツイ、キツイと言う。武道精神は一体どこへ?と、驚いたそうです」。現在は「ブームボクシング」という新エクササイズを考案し、米ロサンゼルスを拠点に活動中。7月14日には、大阪のフィットネススタジオ「ビリー・ブランクスインターナショナルスタジオ」の10周年記念パーティーがシティプラザホテル大阪で開催予定。「ビリーも来日して皆さんにお会いするのを楽しみにしています」
【平成17年ごろ】バランスボール (c)朝日新聞社

【平成17年ごろ】バランスボール (c)朝日新聞社




おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい