意外? 2.5次元の鈴木拡樹「不器用でテンパりグセがある」と自己分析

週刊朝日
鈴木拡樹(すずき ひろき)/1985年生まれ、大阪府出身。2007年、テレビドラマ「風魔の小次郎」で俳優デビュー。08年、「最遊記歌劇伝─Go to the West─」で初主演。主な舞台出演作に「弱虫ペダル」シリーズ(12年~)、「刀剣乱舞」シリーズ(16年~)、劇団☆新感線「『髑髏城の七人Season月』<下弦の月>」(17年)、「No.9 ─不滅の旋律─」(18年)など。放送中のアニメ「どろろ」に声優として出演中。WOWOWオリジナルドラマ「虫籠の錠前」(3月放送予定)にダブル主演。3月に舞台「どろろ」、4~5月に舞台「PSYCHO─PASS サイコパス」、6月に舞台「最遊記歌劇伝─Darkness─」にそれぞれ主演予定。
[撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/AKI、スタイリング/中村美保、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力<スーツスタイル> ジャケット¥85,000、パンツ¥37,500(ともにCRUCE&C/Karaln)シャツ¥23,000(kiryuyrik/Karaln)靴¥22,800(VARISISTA)<カーディガンスタイル> カーディガン¥25,000、カットソー¥12,000(ともにwjk/wjk base)パンツ¥28,000(MASON’S)]

鈴木拡樹(すずき ひろき)/1985年生まれ、大阪府出身。2007年、テレビドラマ「風魔の小次郎」で俳優デビュー。08年、「最遊記歌劇伝─Go to the West─」で初主演。主な舞台出演作に「弱虫ペダル」シリーズ(12年~)、「刀剣乱舞」シリーズ(16年~)、劇団☆新感線「『髑髏城の七人Season月』<下弦の月>」(17年)、「No.9 ─不滅の旋律─」(18年)など。放送中のアニメ「どろろ」に声優として出演中。WOWOWオリジナルドラマ「虫籠の錠前」(3月放送予定)にダブル主演。3月に舞台「どろろ」、4~5月に舞台「PSYCHO─PASS サイコパス」、6月に舞台「最遊記歌劇伝─Darkness─」にそれぞれ主演予定。
[撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/AKI、スタイリング/中村美保、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力<スーツスタイル> ジャケット¥85,000、パンツ¥37,500(ともにCRUCE&C/Karaln)シャツ¥23,000(kiryuyrik/Karaln)靴¥22,800(VARISISTA)<カーディガンスタイル> カーディガン¥25,000、カットソー¥12,000(ともにwjk/wjk base)パンツ¥28,000(MASON’S)]

「2.5次元」舞台のトップランナー的存在であり、女性たちの圧倒的支持を受ける鈴木拡樹さん。「2.5次元」とは、漫画やアニメ、ゲームなどの「2次元」の世界観を、舞台やミュージカルなどで俳優が再現した作品を指す。ぴあ総研によると、2017年の市場規模は156億円で、年々成長を遂げている。“ホーム”である舞台はもちろん、映画やドラマ、声優としても活躍する鈴木さんに、話を聞いた。

【ギャラリー】スーツ姿に“振り向き壁ドン”など…鈴木拡樹の写真をもっと見る

*  *  *
──「2.5次元」界のスターですが、もともとアニメやゲームに興味は?

 僕は舞台のお芝居を見に行って、その熱にあてられて演劇を始めたんです。そのときは「2.5次元」という言葉自体がありませんでしたし、いまだにそれほど詳しくはないんですよ。ただ、デビュー作が「風魔の小次郎」という、車田正美先生の漫画が原作のドラマ(2007年放送)と舞台(08年3月)だったんです。これが今でいうところの、「2.5次元」になるのかなと。だから今、こうやって「2.5次元」をいろんなところで取り上げていただけることは、うれしいですね。

──「2.5次元」ならではの魅力や難しさは?

 原作があり、そのファンの方が見に来てくださるので、お客さんと最初からキャラクターを共有していることでしょうか。そのキャラクターが言いそうにない台詞、とりそうにない行動をとってしまうと、お客さんにストレスを与えてしまう。いかに自然に見ていただき、作品としておもしろいものにできるかが勝負になってくる。そういう意味では、普通の演劇より一つ工程が多いのかもしれない。そこが魅力でもあると思います。

──幅広い役柄を演じられていますが、「このキャラクター、僕がやるの?」と思うことは?

 多々あります(笑)。役者さんのなかには「この役といえばこの人」という確固たるポジションを持っている方もいて、そういう方がうらやましい時期もありました。でも、「この役、鈴木にやらせてみたらどうなるんだろう?」というかたちでオファーをいただき、自分のなかでいろいろ考えることは、楽しいですね。

続きを読む

次ページ>

役作りの方法は?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック