22歳当時に2度の心停止、大病で獣医の夢を失った女性が最期に再確認したいこと

読書

2023/01/24 17:00

 人生の終わりにどんな本を読むか――。週刊「大槌新聞」を創刊した菊池由貴子さんは、「最後の読書」に自著『わたしは「ひとり新聞社」 岩手県大槌町で生き、考え、伝える』を選ぶという。

あわせて読みたい

  • 『鬼滅の刃』美貌の鬼・珠世の功罪―鬼舞辻無惨の「運命の女(ファム・ファタール)」が残したもの

    『鬼滅の刃』美貌の鬼・珠世の功罪―鬼舞辻無惨の「運命の女(ファム・ファタール)」が残したもの

    dot.

    5/21

    『鬼滅の刃』に描かれた「呪い」――産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨の“頂上決戦”の裏にあったもの

    『鬼滅の刃』に描かれた「呪い」――産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨の“頂上決戦”の裏にあったもの

    dot.

    1/31

  • 『鬼滅の刃』最強の剣士・継国縁壱を翻弄した数奇な運命と兄への思い

    『鬼滅の刃』最強の剣士・継国縁壱を翻弄した数奇な運命と兄への思い

    dot.

    8/6

    『鬼滅の刃』なぜ鬼殺隊は戦いに不利な「夜」の闇の中で戦うのか?

    『鬼滅の刃』なぜ鬼殺隊は戦いに不利な「夜」の闇の中で戦うのか?

    dot.

    1/3

  • 「私も摘まれた若い芽でした」 いまは心にエア煉獄さん 『鬼滅の刃』が持つ言葉の力

    「私も摘まれた若い芽でした」 いまは心にエア煉獄さん 『鬼滅の刃』が持つ言葉の力

    AERA

    11/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す