妻殺害容疑の講談社元次長に「高裁差し戻し」 検察側は「お家の一大事」と必死か

2022/11/29 17:00

 講談社の漫画誌「モーニング」元編集次長(現在は退職)で、『GTO』などのヒット作を手がけた朴鐘顕(パクチョンヒョン)氏(47)は2017年1月、妻殺害容疑で逮捕された。一審、二審ともに懲役11年の実刑判決が下ったが、朴被告は一貫して無実を主張。本誌は昨年から、公正な裁判を求める被告や支援者らの訴えを報じてきた。そして11月21日、ようやく最高裁が「待った」をかけた。

あわせて読みたい

  • 妻殺害の罪に問われた「モーニング」元編集次長の支援者らが「判決に異議あり」と語る理由

    妻殺害の罪に問われた「モーニング」元編集次長の支援者らが「判決に異議あり」と語る理由

    週刊朝日

    9/14

    「妻殺害」容疑で収容中の「モーニング」元編集次長がメディア初告白「子どもたちのところへ帰りたい」

    「妻殺害」容疑で収容中の「モーニング」元編集次長がメディア初告白「子どもたちのところへ帰りたい」

    週刊朝日

    4/20

  • 無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    週刊朝日

    12/6

    ジャマイカのダンスホール・スターに殺人の有罪判決

    ジャマイカのダンスホール・スターに殺人の有罪判決

    Billboard JAPAN

    3/17

  • R.ケリー、米NYの裁判で恐喝を含む9つの容疑全てにおいて有罪

    R.ケリー、米NYの裁判で恐喝を含む9つの容疑全てにおいて有罪

    Billboard JAPAN

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す