医療現場でエビデンスを声高に言うのは間違い 帯津医師「医療と医学は別物」

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/11/28 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「エビデンスについて」。

あわせて読みたい

  • “がんと闘うな”の医師・近藤誠さん死去 帯津医師「あの世で会って話したいこと」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “がんと闘うな”の医師・近藤誠さん死去 帯津医師「あの世で会って話したいこと」

    週刊朝日

    11/14

    漢方新時代の幕開け! WHO の分類に「東洋医学」が導入された理由

    漢方新時代の幕開け! WHO の分類に「東洋医学」が導入された理由

    週刊朝日

    3/31

  • 「美しい死」とは? 帯津医師の「品位ある医療」と「死に方」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「美しい死」とは? 帯津医師の「品位ある医療」と「死に方」

    週刊朝日

    10/5

    がんの代替療法、日米で違い 米国はエビデンス乏しくても患者を尊重
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がんの代替療法、日米で違い 米国はエビデンス乏しくても患者を尊重

    週刊朝日

    9/20

  • 免疫細胞が脳の維持や修復に 認知症における「最新免疫療法」とは
    筆者の顔写真

    帯津良一

    免疫細胞が脳の維持や修復に 認知症における「最新免疫療法」とは

    週刊朝日

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す