舞台に残る芝居の気配 いくつもの名作をモチーフにした“記憶”の物語

読書

2022/11/03 11:30

 詩人の蜂飼耳さんが評する『今週の一冊』。今回は『掌に眠る舞台』(小川洋子、集英社 1815円・税込み)です。

あわせて読みたい

  • 「あなたの子じゃないの」別れが人生のバネに…角野卓造が語る役者魂と「渡る世間は鬼ばかり」

    「あなたの子じゃないの」別れが人生のバネに…角野卓造が語る役者魂と「渡る世間は鬼ばかり」

    週刊朝日

    11/30

    「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    週刊朝日

    6/25

  • 中井貴一が“いばらの道”を選んだ理由とは?

    中井貴一が“いばらの道”を選んだ理由とは?

    週刊朝日

    6/19

    俳優・仲代達矢「果たして天職だったのかと思うことも」

    俳優・仲代達矢「果たして天職だったのかと思うことも」

    週刊朝日

    10/25

  • 渡辺謙の“かわいらしさ”にも注目? 「王様と私」の見どころ

    渡辺謙の“かわいらしさ”にも注目? 「王様と私」の見どころ

    AERA

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す