教師からヤクザの組長へ 一人の女性の哀切と戦後日本の物語『プリンシパル』

読書

2022/09/08 16:00

 書評家・吉田伸子さんが評する『今週の一冊』。今回は『プリンシパル』(長浦京、新潮社 2310円・税込み)です。

あわせて読みたい

  • みんな元暴力団関係者…“ヤメ暴”の受け入れ先「高倉組」がかっこいい!

    みんな元暴力団関係者…“ヤメ暴”の受け入れ先「高倉組」がかっこいい!

    週刊朝日

    9/6

    磯村勇斗が綾野剛に学んだこと 変わりゆく時代と家族の在り方描く「ヤクザ」映画

    磯村勇斗が綾野剛に学んだこと 変わりゆく時代と家族の在り方描く「ヤクザ」映画

    AERA

    1/28

  • 教養としてのヤクザ

    教養としてのヤクザ

    週刊朝日

    11/28

    暴排条例から10年 社会から断絶された「ヤクザの子どもたち」の知られざる現実

    暴排条例から10年 社会から断絶された「ヤクザの子どもたち」の知られざる現実

    dot.

    11/13

  • 高畑充希、遅咲きヒロインの“顔芸”に視聴者はなぜ魅了されるのか?

    高畑充希、遅咲きヒロインの“顔芸”に視聴者はなぜ魅了されるのか?

    dot.

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す