劇作家・岡田利規、15年ぶりの小説集『ブロッコリー・レボリューション』を語る

読書

2022/09/07 11:00

 演劇カンパニー・チェルフィッチュを主宰する岡田利規さんは、演劇作家として国内外で高い評価を得ている。本書『ブロッコリー・レボリューション』(新潮社 1980円・税込み)は15年ぶり2冊目となる小説集で、今年の三島由紀夫賞を受賞した表題作をはじめ、2008年から22年にかけて発表した五つの短編を収めている。

あわせて読みたい

  • 評価高い舞台「焼肉ドラゴン」は毒吐いた作品だった?

    評価高い舞台「焼肉ドラゴン」は毒吐いた作品だった?

    AERA

    11/21

    芝居の「赤字1千万」も補填 渡辺えりの老後貯金より大事な豊かさ

    芝居の「赤字1千万」も補填 渡辺えりの老後貯金より大事な豊かさ

    週刊朝日

    8/21

  • 渡辺えり「劇団やめてたら金持ちだったかも」

    渡辺えり「劇団やめてたら金持ちだったかも」

    週刊朝日

    11/30

    社会性の発揮とゼロの繰り返し「季節の変わり目みたい」 ひきこもり経験者の劇作家が語る

    社会性の発揮とゼロの繰り返し「季節の変わり目みたい」 ひきこもり経験者の劇作家が語る

    AERA

    10/17

  • 加藤シゲアキが振り返る「青山学院中」の合格発表 「地獄と天国をいっぺんに見た」

    加藤シゲアキが振り返る「青山学院中」の合格発表 「地獄と天国をいっぺんに見た」

    dot.

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す