今から読んでも遅くない! 津村喜久子が「好き勝手」に読んだ世界文学92作

読書

2022/07/23 11:00

 古今東西の文学作品に作家の津村記久子さんが挑んだ『やりなおし世界文学』(新潮社 1980円・税込み)。きっかけはフィツジェラルドの『華麗なるギャツビー』だ。識者がこぞってこの本を薦めているのを雑誌で見て、「ギャツビーて誰?」という中学時代からの疑問がよみがえった。

あわせて読みたい

  • プレーだけじゃない!サッカーの楽しみ方 芸人・平畠啓史と作家・津村記久子が見た“すごいサポーター”

    プレーだけじゃない!サッカーの楽しみ方 芸人・平畠啓史と作家・津村記久子が見た“すごいサポーター”

    dot.

    7/2

    大人こそ「絵本」を読もう オススメは「超現代っ子的絵本」と「昭和感絵本」

    大人こそ「絵本」を読もう オススメは「超現代っ子的絵本」と「昭和感絵本」

    AERA

    11/8

  • サッカーの“チャント”は会議で決まる? 芸人・平畠啓史と作家・津村記久子がすすめるサッカーの楽しみ方

    サッカーの“チャント”は会議で決まる? 芸人・平畠啓史と作家・津村記久子がすすめるサッカーの楽しみ方

    dot.

    7/2

    自分の体験できない女性視点の作品をよく読む------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(後編)

    自分の体験できない女性視点の作品をよく読む------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(後編)

    BOOKSTAND

    9/7

  • 満足度の高い一日の過ごし方 ポイントは「銀行での記帳」?

    満足度の高い一日の過ごし方 ポイントは「銀行での記帳」?

    BOOKSTAND

    5/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す