小田嶋隆が亡くなる前日に語った“最初で最後の小説集”への思い

2022/07/16 13:00

 鋭い批評で有名なコラムニスト小田嶋隆さんに、短編小説集『東京四次元紀行』(イースト・プレス 、1650円・税込み)に関するインタビューを申し込んだのは、亡くなる2日前。その時、担当編集者の説明では、痛み止めの薬で眠っていることが多いということだった。

あわせて読みたい

  • 内田樹「小田嶋隆さんからの最後の贈り物 気づかいに胸を衝かれた」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「小田嶋隆さんからの最後の贈り物 気づかいに胸を衝かれた」

    AERA

    7/6

    コラムニストは「度胸で勝負の大道芸人」? 今「専門家」ではなく在野から投じられる一石

    コラムニストは「度胸で勝負の大道芸人」? 今「専門家」ではなく在野から投じられる一石

    AERA

    6/14

  • 稲垣えみ子「文章で分断を解きほぐした、故・小田嶋隆さんの執筆作業を思う」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「文章で分断を解きほぐした、故・小田嶋隆さんの執筆作業を思う」

    AERA

    7/11

    ナンシー関が生きていたら松本人志を見逃さない? ネット時代に必要な視点とは

    ナンシー関が生きていたら松本人志を見逃さない? ネット時代に必要な視点とは

    dot.

    11/3

  • ナンシー関がウォッチしていた小倉智昭や中山秀征が、いまなお芸能界で活躍できる理由

    ナンシー関がウォッチしていた小倉智昭や中山秀征が、いまなお芸能界で活躍できる理由

    dot.

    11/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す