武者小路実篤の孫が明かす“文豪の素顔” 小遣いは大金、美食家ではなかった

2022/07/02 08:00

 日本には文豪と呼ばれる作家がいた。文章や生きざまで読者を魅了し、社会に大きな影響を与えた。だが、彼らも一人の人間である。どんな性格だったのか。どのような生活を送っていたのか。子孫に話を聞き、“素顔”をシリーズで紹介していく。第1回は武者小路実篤。

あわせて読みたい

  • 太宰治が温泉宿で執筆するときの正装とは?

    太宰治が温泉宿で執筆するときの正装とは?

    週刊朝日

    12/13

    孫が明かす小説の神様・志賀直哉「おばあちゃまがいないと何もできず」

    孫が明かす小説の神様・志賀直哉「おばあちゃまがいないと何もできず」

    週刊朝日

    7/10

  • 10月21日は近代文学の「長兄」志賀直哉の命日「直哉忌」です

    10月21日は近代文学の「長兄」志賀直哉の命日「直哉忌」です

    tenki.jp

    10/21

    「ブラック・アングル」終了に“天才”山藤章二「そんなにオオゴトかなあ」

    「ブラック・アングル」終了に“天才”山藤章二「そんなにオオゴトかなあ」

    週刊朝日

    11/28

  • それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

    それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

    BOOKSTAND

    1/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す