「自然への恐れを忘れ…」作家・下重暁子が知床遊覧船事故に思うこと

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2022/05/13 07:00

下重暁子・作家
下重暁子・作家

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、知床遊覧船事故について。

*  *  *

 知床には二度行っている。一度は斜里に講演に行き、二度目は半島沿いに車で走った。国後島がかすんでいる。道路沿いに咲いているのはハマナスだ。バラ科の紅い花で、私のイメージとは違っていた。

「知床の岬にハマナスの咲く頃……」

 有名な「知床旅情」の歌詞にもあるが、私は勝手に白い花だと決めていた。ハマユウと間違えていたのだ。

 そのハマナスが花開く夏を待たずに、悲惨な事故が起きてしまった。観光船の「KAZU I」が消息を絶ち、二十六人の乗客・乗員のうち十四人が亡くなり、行方不明が四月二十八日時点で十二人。三歳の子供からお年寄りまで、全国各地から訪れた人々が遭難している。

 私は車で行けるところまでであきらめたが、船で半島の外周をまわると珍しい光景が見られるとすすめられた。

 だが私にはジンクスがあって、陸上では晴れ女なのだが、海上に出ると必ず天候が荒れるのだ。

 理由はわからないが、講師として洋上クルーズで海外に出たときには台風や低気圧で目的地に着かなかったり、また別なときには大揺れに襲われたりで、海の上でいい思い出はほとんどない。

 船酔いが激しかったり、船旅が嫌いなわけではないのだが、相性が悪いのだ。

 子供の頃、体が弱くて泳げないし、水が怖いということもある。

 だからできるだけ船に乗らない。今度のような事故は、もう自然災害ではなく人災だ。風が強く波が荒く、岩場が多い場所。他の観光船より一週間ほど早く運航を開始したこの日、漁船は午前中で漁を切り上げたのに、なぜ出航したのか。やめた方がいいと忠告した人々が何人かいたというのに。

 コロナで操業できなかった分、ゴールデンウィークに先がけてとりもどしたい気持ちはわかるけれど、観光船は観光する客があってこそ。人命第一なのは言うまでもない。

1 2

あわせて読みたい

  • 【独自】知床の観光船の過去の事故、“コピペ”の改善報告書でOK 国交省のずさんなチェック明らかに

    【独自】知床の観光船の過去の事故、“コピペ”の改善報告書でOK 国交省のずさんなチェック明らかに

    dot.

    6/6

    東浩紀「遊覧船事故の背景にコロナ禍の観光産業の苦境にも目を向けるべき」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「遊覧船事故の背景にコロナ禍の観光産業の苦境にも目を向けるべき」

    AERA

    5/17

  • 消息不明の知床観光船は「かつて瀬戸内海を航海した船」か 船舶情報を独自入手してわかった事実

    消息不明の知床観光船は「かつて瀬戸内海を航海した船」か 船舶情報を独自入手してわかった事実

    dot.

    4/28

    知床の岬にハマナスの花が咲く頃になりました。北海道の海岸に自生するピンクの花 !!

    知床の岬にハマナスの花が咲く頃になりました。北海道の海岸に自生するピンクの花 !!

    tenki.jp

    7/1

  • 水難事故で最も怖いのは「水温」 17度未満は要注意、5度を割ると体に痛みも

    水難事故で最も怖いのは「水温」 17度未満は要注意、5度を割ると体に痛みも

    AERA

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す