不純で複雑な日本で生きるには 臨床心理士が示す“7本の補助線”

読書

2022/04/25 11:00

 小説家・長薗安浩氏の「ベスト・レコメンド」。今回は、『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』(東畑開人、新潮社 1760円・税込み)を取り上げる。

あわせて読みたい

  • 人は依存しながら生きているもの、“ただ居ること”の価値に気づいて 臨床心理士・東畑開人<現代の肖像>

    人は依存しながら生きているもの、“ただ居ること”の価値に気づいて 臨床心理士・東畑開人<現代の肖像>

    AERA

    3/29

    不眠、リストカット、不登校 臨床心理士が患者に寄り添い…『心はどこへ消えた?』

    不眠、リストカット、不登校 臨床心理士が患者に寄り添い…『心はどこへ消えた?』

    週刊朝日

    10/12

  • 男性たちもハマる占い、その知られざる効果

    男性たちもハマる占い、その知られざる効果

    AERA

    9/26

    3月22日発売のAERA巻頭特集は「大学発ベンチャー 学生起業家6人の本音」

    3月22日発売のAERA巻頭特集は「大学発ベンチャー 学生起業家6人の本音」

    3/19

  • 村上春樹ライブラリー館長の「音楽を聴くように読む」「映画を見るように読む」本

    村上春樹ライブラリー館長の「音楽を聴くように読む」「映画を見るように読む」本

    AERA

    11/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す