SFファンの科学者が実現性を探求した1冊 大事なのはワクワクできるか

読書

2022/04/12 11:00

※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)

『物理学者、SF映画にハマる 「時間」と「宇宙」を巡る考察』(高水裕一、光文社新書 858円・税込み)が刊行された。SF映画・ドラマでしばしば描かれるタイムトラベルや、無限遠の距離を移動する宇宙旅行などは、科学者の目にはどう映るのか。宇宙論を専門とする物理学者が、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をはじめ最近までのSF映像作品に登場する未来技術などを、相対性理論、量子力学などに依拠しながら検証し、実現可能性の度合いを探っている。

 何万光年も離れた場所の間で即時通信することがどうして可能なのかなど、物理学的にはありえない設定が手厳しく指摘されたりもするが、著者は科学者であると同時に無類のSFファンでもある。SF作品での空想の産物が、現実の科学者の発想の出発点になったという事例もあるという。大事なのは、「こんな技術があれば」とワクワクできるかどうかだ。本書はその感覚を科学的に捉え直すための絶好の手引きとなるはず。(平山瑞穂)

週刊朝日  2022年4月15日号

物理学者、SF映画にハマる (光文社新書)

高水 裕一

amazon
物理学者、SF映画にハマる (光文社新書)

あわせて読みたい

  • 日本人も無関心でいられない 宇宙のインフレーション理論

    日本人も無関心でいられない 宇宙のインフレーション理論

    AERA

    8/16

    ザッカーバーグやオバマ前大統領も夢中? 『三体』大ヒットで中国SF小説大躍進

    ザッカーバーグやオバマ前大統領も夢中? 『三体』大ヒットで中国SF小説大躍進

    AERA

    2/19

  • グーグルにIBMも注力 処理速度が驚異的「量子コンピューター」の可能性

    グーグルにIBMも注力 処理速度が驚異的「量子コンピューター」の可能性

    AERA

    2/9

    福岡伸一が振り返るノーベル物理学賞「ブラックホールの存在証明となった経緯」
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    福岡伸一が振り返るノーベル物理学賞「ブラックホールの存在証明となった経緯」

    AERA

    11/19

  • 世界の実在を賭けての不可知なるものとの戦い。6月30日「アインシュタイン記念日」

    世界の実在を賭けての不可知なるものとの戦い。6月30日「アインシュタイン記念日」

    tenki.jp

    6/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す