“現代語訳”と銘打った最新版『暗黒日記』 戦時下から聞こえる嘆きの声

読書

2022/03/18 16:00

 作家・編集者の佐山一郎さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『現代語訳 暗黒日記 昭和十七年十二月~昭和二十年五月』(清沢洌著、丹羽宇一郎編集・解説、東洋経済新報社 2200円・税込み)の書評を送る。

あわせて読みたい

  • コロナ時代に振り返るべき 戦時下を生きた作家の良識と気骨

    コロナ時代に振り返るべき 戦時下を生きた作家の良識と気骨

    週刊朝日

    5/13

    男性局部切断事件に東条英機の自殺未遂…「週刊朝日」で見る戦中戦後

    男性局部切断事件に東条英機の自殺未遂…「週刊朝日」で見る戦中戦後

    週刊朝日

    2/24

  • 旧皇族・竹田恒泰氏が提言 「日本復活の処方は『古事記』を読むこと」

    旧皇族・竹田恒泰氏が提言 「日本復活の処方は『古事記』を読むこと」

    BOOKSTAND

    10/12

    「昭和十八年 幻の箱根駅伝」戦時下の選手がコロナ禍の現代へ託した襷。そして絆

    「昭和十八年 幻の箱根駅伝」戦時下の選手がコロナ禍の現代へ託した襷。そして絆

    dot.

    12/27

  • 昭和の仕事は問いかける……放浪詩人と失われた仕事の言い分

    昭和の仕事は問いかける……放浪詩人と失われた仕事の言い分

    dot.

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す