柔軟な「登板間隔」が必要 投手が休んでいられない時代の管理術

ときどきビーンボール

東尾修

2022/01/01 07:00

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、“打高投低”時代の投手について論じる。

あわせて読みたい

  • ヤクルト投手が力を発揮できた登板間隔の妙 東尾修「ほかの10球団はどう考えるか」
    筆者の顔写真

    東尾修

    ヤクルト投手が力を発揮できた登板間隔の妙 東尾修「ほかの10球団はどう考えるか」

    週刊朝日

    12/11

    打者に比べ投手はどんどん「こぢんまり」 東尾修が苦言
    筆者の顔写真

    東尾修

    打者に比べ投手はどんどん「こぢんまり」 東尾修が苦言

    週刊朝日

    8/1

  • 東尾修氏「“中6日”登板でシーズン中もスキルアップ」
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修氏「“中6日”登板でシーズン中もスキルアップ」

    週刊朝日

    9/5

    「巨人は交流戦で、ちょっと救援投手の登板過多が目立つ」東尾修が指摘
    筆者の顔写真

    東尾修

    「巨人は交流戦で、ちょっと救援投手の登板過多が目立つ」東尾修が指摘

    週刊朝日

    6/19

  • 奥川恭伸、宮城大弥、佐々木朗希…若手投手に助言 東尾修「山本由伸を目指して」
    筆者の顔写真

    東尾修

    奥川恭伸、宮城大弥、佐々木朗希…若手投手に助言 東尾修「山本由伸を目指して」

    週刊朝日

    1/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す