がん患者さんへ 「絶対に生き抜く」と「いつでも死ねる」を共存させよ

ナイス・エイジングのすすめ

がん

2021/10/04 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「がんと心」。

あわせて読みたい

  • 江戸時代の“イメージ療法”が認知症予防に? 帯津医師が解説
    筆者の顔写真

    帯津良一

    江戸時代の“イメージ療法”が認知症予防に? 帯津医師が解説

    週刊朝日

    5/20

    がん克服のための「郭林新気功」とは? 帯津医師、指導者と交流
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がん克服のための「郭林新気功」とは? 帯津医師、指導者と交流

    週刊朝日

    1/11

  • “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」

    週刊朝日

    4/6

    がん治療で「28年生」も 帯津医師がうれしい「患者の卒業式」とは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がん治療で「28年生」も 帯津医師がうれしい「患者の卒業式」とは?

    週刊朝日

    7/27

  • 「稼げるまでは稼ぐ」が養生の道 100歳までナイスに過ごす方法
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「稼げるまでは稼ぐ」が養生の道 100歳までナイスに過ごす方法

    週刊朝日

    7/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す