「もう夫はいらない。邪魔されず生きたい」夫を断捨離する妻のリアル

夫婦

2021/08/06 11:30

 23年にわたる結婚生活を解消した鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)、結婚16年で離婚した篠原涼子(47)と市村正親(72)。この2組は、いわゆる“略奪婚”から“おしどり夫婦”と呼ばれるようになり、最後は離婚を選択。いずれも妻側が「結婚」という枠から脱出したように見えることなど共通点は多いとフリーライターの亀山早苗氏は指摘する。

あわせて読みたい

  • 鈴木・石橋、篠原・市村の離婚も妻の“断捨離”? 悔いなくリセットする妻

    鈴木・石橋、篠原・市村の離婚も妻の“断捨離”? 悔いなくリセットする妻

    週刊朝日

    8/5

    篠原涼子が離婚、1年以上の別居で市村正親が胸に収めた「大人の事情」

    篠原涼子が離婚、1年以上の別居で市村正親が胸に収めた「大人の事情」

    dot.

    7/24

  • 篠原涼子「コロナ離婚」 子どもの親権は市村正親、財産分与なしの理由

    篠原涼子「コロナ離婚」 子どもの親権は市村正親、財産分与なしの理由

    dot.

    7/24

    篠原涼子、“離婚危機”報道の陰で見せた夫への「ある行動」

    篠原涼子、“離婚危機”報道の陰で見せた夫への「ある行動」

    dot.

    8/28

  • 篠原涼子と福原愛の「誤算」 不倫疑惑で子どもを手放した母親というイメージの代償

    篠原涼子と福原愛の「誤算」 不倫疑惑で子どもを手放した母親というイメージの代償

    dot.

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す