NHK記者、過労死から8年 癒えぬ両親「検証番組として公表を」

2021/07/29 16:00

 今から8年前の7月、NHKで記者をしていたひとりの女性が、過労のためにこの世を去った。当時31歳。婚約者がいて、公私ともにこれからというとき、なぜ娘は人生を終えねばならなかったのか。遺族の悲しみはいまだ癒えず、疑問はなお消えない。

あわせて読みたい

  • 未和 NHK記者はなぜ過労死したのか

    未和 NHK記者はなぜ過労死したのか

    週刊朝日

    7/12

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    AERA

    7/26

  • “過労死続出法案”を許す 連合に遺族が激怒

    “過労死続出法案”を許す 連合に遺族が激怒

    週刊朝日

    7/26

    電通社員・高橋まつりさんの墓前で母が語る大阪・心療内科放火殺人への怒り【死去から6年】

    電通社員・高橋まつりさんの墓前で母が語る大阪・心療内科放火殺人への怒り【死去から6年】

    dot.

    12/26

  • 「過労死」に多い脳梗塞や心臓疾患 予防するために必ず確保したい睡眠時間は?

    「過労死」に多い脳梗塞や心臓疾患 予防するために必ず確保したい睡眠時間は?

    週刊朝日

    10/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す