人生に一流、二流の意味はない? 帯津医師「しょせん、人の目」

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2021/07/26 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「二流でもかまわない」。

あわせて読みたい

  • 帯津医師が「日本人と中国人は心を通じ合うことができる」と語る理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師が「日本人と中国人は心を通じ合うことができる」と語る理由

    週刊朝日

    6/20

    故障ではなく生命の歪みを発見 帯津医師が語る東洋医学の意義
    筆者の顔写真

    帯津良一

    故障ではなく生命の歪みを発見 帯津医師が語る東洋医学の意義

    週刊朝日

    3/21

  • ほとんど携帯電話を使わない帯津医師 内モンゴルの医師とのビデオ通話に感銘
    筆者の顔写真

    帯津良一

    ほとんど携帯電話を使わない帯津医師 内モンゴルの医師とのビデオ通話に感銘

    週刊朝日

    7/25

    “私の死”は存在しない、でも死後の世界は存在する 帯津先生の考え方
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “私の死”は存在しない、でも死後の世界は存在する 帯津先生の考え方

    週刊朝日

    6/11

  • 帯津医師、記憶力低下も「大事なのは未来」と切り替え ナイス・エイジングの生き方
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師、記憶力低下も「大事なのは未来」と切り替え ナイス・エイジングの生き方

    週刊朝日

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す