競泳・青木玲緒樹が五輪目前で得た力に平井コーチも手応え

金メダルへのコーチング

平井伯昌

2021/07/12 17:00

 東御市の合宿では3人という少人数の指導ということもあって、細かい泳ぎのテクニックについて意思の疎通ができています。青木はターン、タッチも含めてレース全体をイメージできる段階にきています。五輪の大舞台で力を発揮するためには、セルフコントロールが非常に重要です。自分の状態を知って緊張感の中で自分自身をコントロールできる能力です。朝の決勝を想定したルーティンやウォーミングアップも自分のペースで迷わずできています。東京スイミングセンターで練習していた小学生のころから長年にわたって指導してきた青木ですが、五輪を目前にしてようやくセルフコントロールの力を身につけてきたようです。

 コーチの仕事は競技者の成績を伸ばすことですが、人間としても伸びていってほしい、という思いがあります。競技以外の部分で成長を感じたとき、本当にいい結果が出ることがあります。女子平泳ぎは世界のタイムが上がっていて、青木の今の記録では五輪の決勝に残れるかどうかというレベルですが、成績とは別に成長のプロセスという物差しで考えると、確かな手応えを感じています。

(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる』(小社刊)など著書多数

週刊朝日  2021年7月16日号

平井伯昌

平井伯昌

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/東京五輪競泳日本代表ヘッドコーチ。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる』(小社刊)など著書多数

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 東京五輪、競泳のポイントは「午前決勝」でどう力を発揮するか
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    東京五輪、競泳のポイントは「午前決勝」でどう力を発揮するか

    週刊朝日

    6/21

    「五輪で金メダルを取るためには」競泳日本代表・平井コーチの考えとは
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    「五輪で金メダルを取るためには」競泳日本代表・平井コーチの考えとは

    週刊朝日

    4/26

  • 「シャイな性格の選手は…」平井コーチが“日本新”青木玲緒樹を語る
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    「シャイな性格の選手は…」平井コーチが“日本新”青木玲緒樹を語る

    週刊朝日

    1/24

    “ベストの状態でなくても最大限の力を発揮する”には? 水泳・平井コーチの考え方
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    “ベストの状態でなくても最大限の力を発揮する”には? 水泳・平井コーチの考え方

    週刊朝日

    11/23

  • 五輪まで2カ月半 競泳はGWで「キャパシティーを広げる」
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    五輪まで2カ月半 競泳はGWで「キャパシティーを広げる」

    週刊朝日

    5/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す