恩を仇で返す天才でも愛しい猫 家中を大暴れ、引っかきパンチ! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

恩を仇で返す天才でも愛しい猫 家中を大暴れ、引っかきパンチ!

トロちゃん(提供)

トロちゃん(提供)

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、猫のトロちゃん(2歳)です。

【写真】こんな姿見たことない! 枯れ葉をやさしく抱えて立ち上がる猫

*  *  *
 トロ(雌)の名は埼玉の長瀞からつけた。

 長瀞に行った帰路、ホームセンターの大きなプランターの中からピーピーと甲高い声が聞こえた。

 目も開かない、まだヘソの緒がついた10センチにも満たない生き物が1匹。そのサイズに不釣り合いな大声で「ここにいる!」と鳴いていた。

 一方、こちらは18年飼った猫に死なれ、もう猫は打ち止めと決めていた。しかし、もちろん見捨てることはできない。

 東京に連れ帰って3時間ごとの授乳を開始。消毒した哺乳瓶で夜中2時、明け方5時の授乳。昼間は仕事があるので、つ、つらい……。幸いなことに夫はリタイアの身、日中の授乳は交代できた。

 ふびんで乳首代わりに指を吸わせていたためか、噛み癖が直らず、鋭い歯で容赦なく噛む。すぐ引っかく。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい