室井佑月「不敬よな」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「不敬よな」

連載「しがみつく女」

室井佑月週刊朝日#室井佑月
室井佑月・作家

室井佑月・作家

イラスト/小田原ドラゴン

イラスト/小田原ドラゴン

 宮内庁長官の「陛下が五輪で感染拡大を懸念と拝察」発言を、意に介さない菅首相や閣僚。作家・室井佑月氏は、「不敬」と憤る。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 6月24日、宮内庁の西村泰彦長官は定例会見で、天皇陛下が1カ月後に迫る東京五輪・パラリンピックでの新型コロナウイルス感染拡大について、懸念を抱いていることを示した。

「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」

「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察しています」

 その場にいた記者に、「これは陛下のお気持ちと受け止めて間違いないか」と聞かれ、「直接そういうお言葉を聞いたことはない。そこは誤解なきように」と、言葉を濁したけれど、宮内庁長官が陛下の名前を出して勝手に自分の気持ちを語るわけがない。というか、天皇陛下というお立場から、直接お言葉にすることをためらわれただけでしょう。

 陛下はコロナ対策分科会の尾身会長から何度か説明を受けているようだし、真っ当にあたしたち国民の心配をしてくださっただけだ。そして、長官の口を借り、メッセージを出された。

 しかし、この事実を認めたくない輩(やから)もいる。菅義偉首相は25日、

「長官ご本人の見解を述べたと、このように理解している」

 と首相官邸で記者団に語ったらしい。

 加藤勝信官房長官も25日の記者会見で、

「宮内庁長官自身の考え方を述べられた」

 といった。五輪開会式での陛下の宣言については、まだ関係者間で調整中だとも。

 はぁ? 陛下のメッセージさえなかったことにしてしまえってか。

 結局、この人たちの頭の中は、自分たちのことしかない。菅首相は東京五輪で国威発揚を狙い、その勢いで秋までに行われる衆議院選挙に臨みたい。あたしたち国民の命や健康を差し出した大博打(ばくち)をやりたい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい