15歳でも元気に先輩風 女医の夢を叶えた2匹のわんこ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15歳でも元気に先輩風 女医の夢を叶えた2匹のわんこ

週刊朝日#動物
しろちゃんとくろちゃん(提供)

しろちゃんとくろちゃん(提供)

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のしろちゃん(15歳)とくろちゃん(5歳)です。

*  *  *
 私は独身の女医です。子供のころから医師になりたい、保護犬を飼いたいという夢がありました。

 働きはじめて3年目、27歳のときに小型のミックス犬しろと暮らすことにしました。勤務が忙しいのに犬を飼うなんて! 留守番をさせるなんて!という周囲の懸念をよそに。

 転勤や勤務時間、当直や緊急呼び出しなど、働き方を考えたなら、一人では飼えません。そこで、子犬時代には、職場の友人たちとそのご家族に合鍵を預け、一緒に育ててもらいました。

 その後は弟と同居して職場近くにペット可物件を借り、緊急コールにも対応できるように工夫もしました。

 しろが10歳になり、その年齢を意識したとき、ハッとしました。しろがいなくなったら、生きていけるのかと。

 そんなとき、保健所のホームページで痩せた小型の犬を目にしました。疥癬(かいせん)にかかり、けがもしています。運命だ!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい