車椅子に乗った監督の映画が快挙!「ぼくは暴君にはなりたくない」

2021/06/09 11:30

 電動車椅子に乗った学生が監督した「へんしんっ!」というドキュメンタリー映画が評判を呼んでいる(19日公開)。「表現活動の可能性を探ろう」と全盲の俳優、聾(ろう)者のパフォーマーらにインタビューしていく。異色なのは監督自身が“被写体”の一人となり、ダンスの舞台にも出演する展開だ。

あわせて読みたい

  • 越境するダンスで人と人とをつなげる 振付家・ダンサー砂連尾理

    越境するダンスで人と人とをつなげる 振付家・ダンサー砂連尾理

    AERA

    11/18

    NHKが便乗? 本田圭佑vs.ハリル騒動に「プロフェッショナル」が…

    NHKが便乗? 本田圭佑vs.ハリル騒動に「プロフェッショナル」が…

    週刊朝日

    5/15

  • 『カメ止め』再集結! 上田監督「『無理だ』と言われると燃える(笑)」

    『カメ止め』再集結! 上田監督「『無理だ』と言われると燃える(笑)」

    週刊朝日

    8/15

    本田ビックマウス伝説

    本田ビックマウス伝説

    週刊朝日

    7/14

  • 晩年の約30年、自宅敷地から出なかった画家・モリの魅力とは、沖田修一監督に聴く

    晩年の約30年、自宅敷地から出なかった画家・モリの魅力とは、沖田修一監督に聴く

    AERA

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す