“アカデミー賞3部門”クロエ・ジャオ監督 ドン小西、服は「あまりにフツー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“アカデミー賞3部門”クロエ・ジャオ監督 ドン小西、服は「あまりにフツー」

ドン小西

ドン小西

クロエ・ジャオ(映画監督)/1982年、中国生まれ。ロンドンと米国の高校を経て、米国の大学で政治学の学士号を取得。その後ニューヨーク大学で映画制作を学び、制作した短編映画などで注目を集める=4月25日、仕事を求めて放浪する女性ホームレスを描いた、監督を務めた映画「ノマドランド」が監督賞などアカデミー賞の3部門を受賞

クロエ・ジャオ(映画監督)/1982年、中国生まれ。ロンドンと米国の高校を経て、米国の大学で政治学の学士号を取得。その後ニューヨーク大学で映画制作を学び、制作した短編映画などで注目を集める=4月25日、仕事を求めて放浪する女性ホームレスを描いた、監督を務めた映画「ノマドランド」が監督賞などアカデミー賞の3部門を受賞

 4月25日、仕事を求めて放浪する女性ホームレスを描いた、監督を務めた映画「ノマドランド」が監督賞などアカデミー賞の3部門を受賞したクロエ・ジャオ氏。ファッションデザイナーのドン小西さんがファッションチェックした。

【写真】こう見えて超高級品 今回チェックしたファッションはこちら

*  *  *
 メッセージ性の高い地味めの受賞作が目立つアカデミー賞。でもレッドカーペットは別。派手で華やかなドレスが、今年は復活してきているよね。そもそもファッションというのは雲の上のスターが着て、一般人にため息をつかせるもの。これでいいんだよ、これで。

 そんななか、今や世界中で大ブームのスニーカー姿で登場したのがこの人だよ。三つ編みヘアといい、アースカラーのニットといい、ナチュラルですと言わんばかり。ところが実はこれがエルメスの繊細なニットの上下とスニーカーで、総額100万円くらいするんじゃないか。庶民的オシャレなら、いっそ「しまむら」あたりで揃えたら拍手するけど、中途半端だっつうの。

 そうそう。料理だって口に入れたら同じ味。でも、盛り付けに凝るだろ。監督だって同じだよ。この人を見て、あらためて思いました。アカデミー賞のレッドカーペットは、やっぱりキラッキラしてないとね。

■評価は……?
3DON! 「あまりにフツーで、星も3つ」

(構成/福光恵)

週刊朝日  2021年5月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい