菅訪米で報じられなかった二つの「残念なこと」 空しく響く「ジョー&ヨシ」 古賀茂明 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

菅訪米で報じられなかった二つの「残念なこと」 空しく響く「ジョー&ヨシ」 古賀茂明

連載「政官財の罪と罰」

古賀茂明さん

古賀茂明さん

日米首脳会談後の記者会見に臨む菅義偉首相(左)とバイデン大統領

日米首脳会談後の記者会見に臨む菅義偉首相(左)とバイデン大統領

 菅義偉総理が訪米を終えて帰国した。

【写真】「ジョー&ヨシ」の仲とはいったい…

 朝日新聞デジタルによれば、菅総理は同行記者団に、「たたき上げの政治家ということで、共通点がいっぱいある」「家族を大事にする方で、執務室に写真がいっぱいあった」「私と似たような感じも受けた。バイデン氏もそう思っているようだ」と語り、さらに、菅氏は話に夢中で出されたハンバーガーに手をつけられなかったと言って、「一挙に打ち解けるというか、緊張がまったくなく出来た。これからも付き合い続けていける」と手応えを語ったとのことだ。

 各社ともほぼ同じような提灯記事を書いているが、よく考えてほしい。通訳を介しての20分は、実質10分。ほとんど何も話さないで終わったということだ。

 現に、記事を見ると、菅総理の話の中に、バイデン氏の言葉は出てこない。たたき上げの政治家で共通点がいっぱいという話など、いずれも単なる菅氏の思い、推測、感想でしかない。

 20分のハンバーガー会談というのもあまりに慌ただしい。30分程度には延びると予定していたのに、話が弾まず20分で切り上げというのが真相ではないか。

「緊張がまったくなく」というのもポイントだ。普通は、出されたハンバーガーを見て、「私はハンバーガーが大好き」くらいのおべんちゃらを言って、思い切り大きな口を開けて頬張り、うまい!と叫ぶくらいのことはするだろう。実際は、緊張でハンバーガーのことなど考える余裕もなかったのだろう。

 実は、菅氏が訪米前にテレビ東京のWBSのインタビューで、間違って、「緊張」していると口走った。キャスターがびっくりして、聞き返したので、失態が目立ってしまった。私も見ていて、本当にびっくりした。

 バイデン氏に会う菅総理は、大親分に会いに行く下っ端組員みたいなもの。緊張したと言うと、それがバレるので、あえて、「緊張」しなかったと強調したのだろう。

 今回の訪米で報じられなかったことで、もう一つ残念なことがある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい