災害への強さ目立つ「ニセコ」と「軽井沢」 移住するならどのまち? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

災害への強さ目立つ「ニセコ」と「軽井沢」 移住するならどのまち?

池田正史週刊朝日
長野県軽井沢町の旧軽井沢銀座通り(左)、JRニセコ駅のイルミネーション (c)朝日新聞社

長野県軽井沢町の旧軽井沢銀座通り(左)、JRニセコ駅のイルミネーション (c)朝日新聞社

ふるさと回帰支援センター(東京)の「移住希望地ランキング」(都道府県単位)や移住・交流推進機構の「おすすめの移住先25選」、大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」、リクルート住まいカンパニー「SUUMO住みたい街ランキング」など最近の調査を参考に、人気の市区町村を選び、それぞれの自治体で公示地価(住宅地)の前年比変動率が最も高い地点やその周辺を調べた(東京都、大阪府、愛知県は除く)。「※」印は都道府県地価調査の基準地。「公示地価」「前年比変動率」は国土交通省の資料にもとづく。2021年1月1日時点。「地盤スコア」は、地盤ネットホールディングスの診断サービス「地盤カルテ」の評価結果。80点以上は「安心」(薄い網掛け)、55~75点は「普通」、50点以下は「要注意」(濃い網掛け)。「地震に見舞われる確率」は、防災科学技術研究所のサイト「地震ハザードステーション」にもとづく。その土地で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率を示す。数値が高いほど地震のリスクが大きい。目安として、「約1千年に1度」の割合で起きる頻度に相当する3%を下回るとリスクが比較的低い(薄い網掛け)、反対に、「約100年に1度」に相当する26%以上はリスクが高い(濃い網掛け)と位置づけた。公示地価の標準地やその周辺を調べた (週刊朝日2021年4月30日号より)

ふるさと回帰支援センター(東京)の「移住希望地ランキング」(都道府県単位)や移住・交流推進機構の「おすすめの移住先25選」、大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」、リクルート住まいカンパニー「SUUMO住みたい街ランキング」など最近の調査を参考に、人気の市区町村を選び、それぞれの自治体で公示地価(住宅地)の前年比変動率が最も高い地点やその周辺を調べた(東京都、大阪府、愛知県は除く)。「※」印は都道府県地価調査の基準地。「公示地価」「前年比変動率」は国土交通省の資料にもとづく。2021年1月1日時点。「地盤スコア」は、地盤ネットホールディングスの診断サービス「地盤カルテ」の評価結果。80点以上は「安心」(薄い網掛け)、55~75点は「普通」、50点以下は「要注意」(濃い網掛け)。「地震に見舞われる確率」は、防災科学技術研究所のサイト「地震ハザードステーション」にもとづく。その土地で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率を示す。数値が高いほど地震のリスクが大きい。目安として、「約1千年に1度」の割合で起きる頻度に相当する3%を下回るとリスクが比較的低い(薄い網掛け)、反対に、「約100年に1度」に相当する26%以上はリスクが高い(濃い網掛け)と位置づけた。公示地価の標準地やその周辺を調べた (週刊朝日2021年4月30日号より)

ふるさと回帰支援センター(東京)の「移住希望地ランキング」(都道府県単位)や移住・交流推進機構の「おすすめの移住先25選」、大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」、リクルート住まいカンパニー「SUUMO住みたい街ランキング」など最近の調査を参考に、人気の市区町村を選び、それぞれの自治体で公示地価(住宅地)の前年比変動率が最も高い地点やその周辺を調べた(東京都、大阪府、愛知県は除く)。「※」印は都道府県地価調査の基準地。「公示地価」「前年比変動率」は国土交通省の資料にもとづく。2021年1月1日時点。「地盤スコア」は、地盤ネットホールディングスの診断サービス「地盤カルテ」の評価結果。80点以上は「安心」(薄い網掛け)、55~75点は「普通」、50点以下は「要注意」(濃い網掛け)。「地震に見舞われる確率」は、防災科学技術研究所のサイト「地震ハザードステーション」にもとづく。その土地で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率を示す。数値が高いほど地震のリスクが大きい。目安として、「約1千年に1度」の割合で起きる頻度に相当する3%を下回るとリスクが比較的低い(薄い網掛け)、反対に、「約100年に1度」に相当する26%以上はリスクが高い(濃い網掛け)と位置づけた。公示地価の標準地やその周辺を調べた (週刊朝日2021年4月30日号より)

ふるさと回帰支援センター(東京)の「移住希望地ランキング」(都道府県単位)や移住・交流推進機構の「おすすめの移住先25選」、大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」、リクルート住まいカンパニー「SUUMO住みたい街ランキング」など最近の調査を参考に、人気の市区町村を選び、それぞれの自治体で公示地価(住宅地)の前年比変動率が最も高い地点やその周辺を調べた(東京都、大阪府、愛知県は除く)。「※」印は都道府県地価調査の基準地。「公示地価」「前年比変動率」は国土交通省の資料にもとづく。2021年1月1日時点。「地盤スコア」は、地盤ネットホールディングスの診断サービス「地盤カルテ」の評価結果。80点以上は「安心」(薄い網掛け)、55~75点は「普通」、50点以下は「要注意」(濃い網掛け)。「地震に見舞われる確率」は、防災科学技術研究所のサイト「地震ハザードステーション」にもとづく。その土地で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率を示す。数値が高いほど地震のリスクが大きい。目安として、「約1千年に1度」の割合で起きる頻度に相当する3%を下回るとリスクが比較的低い(薄い網掛け)、反対に、「約100年に1度」に相当する26%以上はリスクが高い(濃い網掛け)と位置づけた。公示地価の標準地やその周辺を調べた (週刊朝日2021年4月30日号より)

 所沢市と和光市は、リクルート住まいカンパニーが3月にまとめた「SUUMO(スーモ)住みたい街(駅)ランキング2021関東版」で、前回の調査から順位が急浮上した街のトップ10に入った。コロナ後の移住先として注目が集まる郊外都市の一つだ。

 地盤ネットHDの担当者によると、災害リスクをみるうえで「地名もヒントになる」という。

「サンズイの字が入るなど水にまつわる地名なら、もともと湿地だったり、水場を埋め立ててできたりするなど、水に関わりの深い土地の可能性が高い。反対に、各地に地名が残る『国分寺』は、かつて建設地を選ぶ際に水害の恐れがない場所が選ばれていた。周囲に古い神社や古墳、遺跡が残っているようなところは地盤が強いケースが少なくありません」

 実際に移住に踏み切る際に注意すべきことは何か。夫婦で東京暮らしを続け、4月中に鎌倉に引っ越す予定の中島ゆきさん(44)が心がけたのは、移住を考えている街に「お試し」で行ったり、住んでみたりすることだという。

「事前のイメージと完全にマッチするようなことは普通ありません。いきなり住宅を購入するのではなく、まずは賃貸でいいから住んでみて、実際の状況を確かめるべき」

 2年前に瀬戸内海をのぞむ香川県の街に移り住んだ30代男性も、今の移住先に落ち着くまで熊本や鳥取、岩手など全国各地に足を運び、現地の様子を見て回った。

「やりがいのある仕事に出合えたことが決め手になりました。観光サイトの作成からイベントの準備まで業務の幅が広く、地元の人たちと一緒に仕事をする機会も多い。地方暮らしは人付き合いが大変と言われることもありますが、自分にとっては仕事を通じ仲間意識を感じられて楽しい」

 ふるさと回帰支援センターの高橋公理事長は、移住の成功に最低限必要な10カ条の心構えを挙げる。

「どんな土地にも特有の気候や文化、社会がある。地域になじむためには、自分から溶け込んでいく努力も必要。地元のことをよく知る『師匠』を作るのも一つの手では。アバウトでいいから焦らず、不便さを楽しむ気持ちで新しい関係や生活を築いていくとよいでしょう」

 結局、カギを握るのは自分の気持ちや行動のようだ。今回紹介した災害リスクも参考に、じっくり検討してみてほしい。(本誌・池田正史)

週刊朝日  2021年4月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい