九州大医学部時代にアイドルに 秋山ありす、国家試験不合格を振り返る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州大医学部時代にアイドルに 秋山ありす、国家試験不合格を振り返る

形成外科医 秋山ありすさん (本人提供)

形成外科医 秋山ありすさん (本人提供)

数値は高校へのアンケートを基にした速報値のため、今後変動することがある。アンケートは合格実績のある学校へ本誌とサンデー毎日、大学通信が合同で実施した。総合型・学校推薦型選抜などの合格者を含む(3月31日現在判明分)。卒業生数は全日制のみの数字。協力・大学通信 (週刊朝日2021年4月23日号より)

数値は高校へのアンケートを基にした速報値のため、今後変動することがある。アンケートは合格実績のある学校へ本誌とサンデー毎日、大学通信が合同で実施した。総合型・学校推薦型選抜などの合格者を含む(3月31日現在判明分)。卒業生数は全日制のみの数字。協力・大学通信 (週刊朝日2021年4月23日号より)

「アイドルに未練はない」と話すのは、元アイドルの形成外科医・秋山ありすさん。県立修猷館高を卒業後、1年間の浪人を経て九州大医学部に進学。2011年から6年間、福岡市を拠点とするアイドルグループ「LinQ」の1期生として活動した。現在は大学病院に勤務する。学生時代を振り返り、今を語る。

【国公立大医学部 現役合格者数ランキングはこちら】

*  *  *
 幼いころ、気管支が弱くてよく病院に行ったんです。母も体が弱く、助けてあげたいと思いました。そこから「お医者さんになりたい」と考えるようになりました。

 修猷館高では、2年時から30人ほどの医学部進学クラスに入りました。OB・OGの医師に講演してもらったり、病院を訪問したりしました。

 でも、医師になることを意識した生活は送っていませんでしたね。ESS(イングリッシュ・スピーキング・ソサエティー)部の部長を務め、スピーチコンテストで賞をもらってニュージーランドに短期留学するなど課外活動に熱中していました。

 修猷館は学校行事に力を入れています。運動会は夏休みも練習するほど。運動会の幹部が「なんで本気でやれないんだ」と言うと、私も「本当にそうだ」と本気で泣きました。高校でしかできないことに取り組みました。

 地元の九州大を受け、結果浪人しましたが、3年間高校生活を満喫したので後悔はありませんでした。クラスメートも多くが浪人したので、励まし合いながら勉強を頑張れました。

 アイドルは九州大に入って始めました。妹が私も一緒に応募したからです。私は大学を卒業してやめるつもりでしたけど、医師国家試験に落ちてしまって。どうするか悩みましたが、ファンの方々に正直に結果を公表して活動をお休みにし、合格後にアイドルを卒業することにしました。

 そしたら不合格の話がニュースになり、全国に恥をさらしてしまい、ネットで「学生の本分はどうした」と厳しい評価を頂きました。励ましの言葉もあって何とか1年後に合格できました。

 アイドルは人のQOL(生活の質)を上げていくために存在していると思います。形成外科医も同じです。患者様に「手術してよかった」と思ってもらえる魅力にとりつかれています。アイドルに未練はないです。将来は美容の分野で人の喜びに関わっていきたいです。

 医者になっても辞めてしまう人が多いです。お金を稼ぎたい、成績が良いという理由だけで医者を目指すには、責任が重く、つらいことも多いです。「誰かのために医者になりたい」と思う人に臨んでほしいですね。

週刊朝日  2021年4月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい