「根幹にあるのはあのロックバンド……」霜降り明星・粗品、音楽を大いに語る レーベル設立で活動本格化 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「根幹にあるのはあのロックバンド……」霜降り明星・粗品、音楽を大いに語る レーベル設立で活動本格化

中将タカノリ週刊朝日
自らのレーベルを立ち上げた粗品=東京都渋谷区、写真はいずれも加藤夏子撮影

自らのレーベルを立ち上げた粗品=東京都渋谷区、写真はいずれも加藤夏子撮影

「漫才でできなかった表現を」と粗品

「漫才でできなかった表現を」と粗品

粗品と、今回取材した中将本人(右)

粗品と、今回取材した中将本人(右)

 ――今回のレーベル「soshina」はどのような経緯で設立したのですか。

「ユニバーサルミュージックさんの企画で、ラン・ランさん、土屋太鳳さんとピアノを弾かせていただいたのですが、それがきっかけでユニバーサルミュージックさんとよくお話をさせて頂くようになりました。自分の目が行き届く範囲で、しっかり音楽と向き合いたいな、と思い、また、ジャンルを限定せず、色々な方と音楽を作りたいという思いもあり、ユニバーサルミュージックさんのご協力のもと、レーベル設立の運びとなりました」

 ――レーベル第1弾の「乱数調整のリバースシンデレラ」は、実に難解なタイトルの楽曲です。

「童話『シンデレラ』を踏襲したストーリー仕立ての歌詞になっています。今回、ミュージックビデオ(MV)も監修しているんですが、歌詞を1行書くごとに絵コンテも1枚書いて……という作り方をしました。すごく時間がかかってしまいましたが、その分濃密な内容になっているので、ぜひ映像と一緒に楽しんでもらいたいですね」

「ギターにReiさん、ドラムに石若駿さんという同い年のミュージシャンを迎えて制作しました。それぞれトップミュージシャンなので恐れ多いんですけど、彼らに参加して頂くとでこれまでこだわりきれなかった部分をカバーすることができました。ボーカルの竹達彩奈さんもともと声優として大好きな方でしたし、1度共演させていただいた際に仕事への真剣な向き合い方や歌声に感動したことがあって今回オファーさせていただきました」

 ――多くのミュージシャンやエンジニアと楽曲制作では、プレッシャーもあったのでは?

「プレッシャーはなかったですね。自信家なところがあるんで、多少のことは『いや、大丈夫でしょ!』と。むしろ、自分一人ではできないことを、自分が望む以上のクオリティーでチームで実現してゆける楽しさが先行していました。楽曲、映像ともに多くの方に支えてもらったおかげだと思います」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい