「名探偵コナン」脚本家が大絶賛する“昭和の昼ドラ”とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「名探偵コナン」脚本家が大絶賛する“昭和の昼ドラ”とは?

鮎川哲也週刊朝日#ドラマ  
「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」DVD BOX〈HDリマスター版〉2万7000円(税抜き)発売:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売:キングレコード (c)TBS・大映テレビ

「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」DVD BOX〈HDリマスター版〉2万7000円(税抜き)発売:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売:キングレコード (c)TBS・大映テレビ

このリストにある番組はDVDのほか、民放番組はBS放送、Paravi、Hulu、FODといったテレビ局や配信サービス会社などが運営するインターネット有料配信サービス、NHKの場合はBS放送、NHKオンデマンド(一部有料のインターネット配信サービス)で視聴できます (週刊朝日2021年3月12日号より)

このリストにある番組はDVDのほか、民放番組はBS放送、Paravi、Hulu、FODといったテレビ局や配信サービス会社などが運営するインターネット有料配信サービス、NHKの場合はBS放送、NHKオンデマンド(一部有料のインターネット配信サービス)で視聴できます (週刊朝日2021年3月12日号より)

このリストにある番組はDVDのほか、民放番組はBS放送、Paravi、Hulu、FODといったテレビ局や配信サービス会社などが運営するインターネット有料配信サービス、NHKの場合はBS放送、NHKオンデマンド(一部有料のインターネット配信サービス)で視聴できます (週刊朝日2021年3月12日号より)

このリストにある番組はDVDのほか、民放番組はBS放送、Paravi、Hulu、FODといったテレビ局や配信サービス会社などが運営するインターネット有料配信サービス、NHKの場合はBS放送、NHKオンデマンド(一部有料のインターネット配信サービス)で視聴できます (週刊朝日2021年3月12日号より)

 コロナ禍で在宅時間が長くなる中、動画を視聴する人も多いはず。YouTubeや最新ドラマもいいが、過去の名作に触れてみてはいかがだろう。注目は“昭和のテレビドラマ”だ。

【今でもDVDなどで視聴できる! 懐かしのドラマ一覧はこちら】

*  *  *
「全身テレビに浸かっていたテレビっ子でした」

そう力強く話すのは脚本家の三上幸四郎さんである。都銀系システム開発の会社に3年間勤務した後、脚本家に転身した。代表作に「名探偵コナン」「特命係長 只野仁」などがある。

 昭和の時代には、平成、令和以上の名作ドラマがたくさんある。ただ、今でも見ることができるとなると限られてくるが、中でも子どものころから青年期に見た、大好きなドラマを紹介してくれた。

「小さい子どものころだったけど、テレビってなんておもしろいんだろうと思いました」と最初に紹介してくれたのは「ムー」だ。郷ひろみと樹木希林のテンポのよい掛け合いが見どころの一つで、生放送や視聴者と電話で会話をすることもあった。続編の「ムー一族」ではさらにバラエティー的なドラマに変貌(へんぼう)していった。

「『ムー』『ムー一族』はドラマなのに、ドラマを壊している、脱ドラマだと思います」

 続いて「パパはニュースキャスター」(伴一彦脚本)。独身主義の鏡竜太郎(田村正和)が突然子ども3人の親になる、子育て奮闘記である。

「当時流行(はや)っていた『オレたちひょうきん族』の影響でしょうが、内輪受けのパロディーも多く、テレビがより視聴者に近づいた感じがします」

 ドラマでは鏡キャスターが、久米宏や逸見政孝など本物のニュースキャスターと比較されるという場面もあった。

「この作品は、それまでのドラマとは違う切り口でドラマ第2世代という感じがします」

 また時代劇は70年代に注目してほしいと。「水戸黄門」や「大岡越前」など勧善懲悪ものも支持されたが、時代に合わせたダークヒーローも活躍していた。「木枯し紋次郎」「必殺仕掛人」「子連れ狼」などがある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい