「耳が遠い人」に認知症リスクあり 医師が解説

ヘルス

2021/03/06 08:02

「年だからしょうがない」「聞こえなくても困らない」……そんな認識をもっている人は、難聴からはじまる健康リスクについてご存じだろうか。認知症、耳鳴り、聞こえないことによる会話の減少など、難聴は生活の質に大きくかかわってくる。好評発売中の『「よく聞こえない」ときの耳の本 2021年版』から抜粋してご紹介する。

あわせて読みたい

  • 「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    dot.

    4/1

    「耳鳴り」の苦痛を軽減 今注目の「音響療法」とは?

    「耳鳴り」の苦痛を軽減 今注目の「音響療法」とは?

    週刊朝日

    9/17

  • 【難聴・耳鳴り】患者はどう治療法を選べばいい? 補聴器で改善しないときは? 専門医が解説

    【難聴・耳鳴り】患者はどう治療法を選べばいい? 補聴器で改善しないときは? 専門医が解説

    dot.

    4/1

    難聴は認知症のリスクに!『「よく聞こえない」ときの耳の本』出版記念講演会/10月30日(水)@東京

    難聴は認知症のリスクに!『「よく聞こえない」ときの耳の本』出版記念講演会/10月30日(水)@東京

    お知らせ

    9/26

  • 「耳鳴り」は難聴が原因?『「よく聞こえない」ときの耳の本2020年版』発売

    「耳鳴り」は難聴が原因?『「よく聞こえない」ときの耳の本2020年版』発売

    9/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す