東北震度6強 コロナ禍避難所で注意すべき“床とホコリ”

2021/02/24 08:02

 東日本大震災からまもなく10年。地震の脅威は今も、すぐそばにある。2月13日午後11時7分頃、福島県と宮城県で最大震度6強を観測する地震が発生。15日までに10県で157人の負傷者が確認された。東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授は今回の地震の特徴をこう話す。

あわせて読みたい

  • ここ1週間の地震回数 13日の震度6強 その後も地震相次ぐ

    ここ1週間の地震回数 13日の震度6強 その後も地震相次ぐ

    tenki.jp

    2/19

    ここ一週間で震度4の地震が8回も発生 いま一度地震の備えを確認

    ここ一週間で震度4の地震が8回も発生 いま一度地震の備えを確認

    tenki.jp

    4/7

  • 水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    AERA

    7/8

    爪切り、スリッパ、マウスウォッシュ…コロナ禍「巨大地震発生」に備えておきたい役立ちグッズ

    爪切り、スリッパ、マウスウォッシュ…コロナ禍「巨大地震発生」に備えておきたい役立ちグッズ

    AERA

    3/22

  • コロナ禍に大災害で避難所60万人が感染リスク 専門家が指南する対策は?

    コロナ禍に大災害で避難所60万人が感染リスク 専門家が指南する対策は?

    週刊朝日

    6/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す