【家つまみ】粒マスタードが甘さを引き締める…根菜とセロリの和え物 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】粒マスタードが甘さを引き締める…根菜とセロリの和え物

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#黒田民子
根菜とセロリの粒マスタード和え  (撮影/写真部・松永卓也)

根菜とセロリの粒マスタード和え  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鍋で湯を沸かし、さつまいもとごぼうがやわらかくなるまでゆでる。(左) あらかじめ粒マスタードとマヨネーズを混ぜておくと野菜と和えやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鍋で湯を沸かし、さつまいもとごぼうがやわらかくなるまでゆでる。(左) あらかじめ粒マスタードとマヨネーズを混ぜておくと野菜と和えやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「根菜とセロリの粒マスタード和え」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 私はちょっと酸味のある粒マスタードが好き。マヨネーズと合わせて、たれやドレッシングによく使います。思いついた時に、冷蔵庫にある材料でさっと和えれば気が利いたひと品になるんですよ。今回は甘みのあるさつまいもを主役に和え物にしました。

 さつまいもは皮をむきます。ごぼうは皮はむかず、表面に泥が付いていたら、たわしでよく洗い落としましょう。それぞれ食べやすく2センチ角に切り、沸騰したお湯でやわらかくなるまでゆで、水を切って冷まします。セロリは茎と葉を別々に切り、塩をふってしばらく置き、しんなりしたら水気を拭いて生のまま使います。

 粒マスタードとマヨネーズは野菜と和えやすいように、先にボウルでよく混ぜ合わせます。そこにさつまいも、ごぼう、セロリを入れて全体をよく和えたら完成です。

 さつまいもの甘みを粒マスタードがピリッと引き締めて相性がいいんです。ごぼうのうまみやセロリのさわやかさも引き立ちますよ。どうぞおためしください。

(構成/沖村かなみ)

■根菜とセロリの粒マスタード和え
【材料】(2人分)さつまいも100g、ごぼう30g、セロリ30g、粒マスタード大さじ1、マヨネーズ大さじ2、塩少々

【作り方】(1)さつまいもは皮をむき、ごぼうは表面をよく洗って泥を落とす。それぞれ2cm角に切り、やわらかくなるまでゆで、水を切って冷ます。(2)セロリの茎は1cm角に切り、葉はみじん切りにする。軽く塩をふり、しんなりさせて水気を拭き取る。(3)ボウルで粒マスタードとマヨネーズを混ぜ合わせる。(1)と(2)を加えてよく和え、器に盛り付ける。

【ワンポイントアドバイス】鍋で湯を沸かし、さつまいもとごぼうがやわらかくなるまでゆでる。あらかじめ粒マスタードとマヨネーズを混ぜておくと野菜と和えやすい。

週刊朝日  2021年2月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい