松坂時代とは違う? 東尾修が2年目の佐々木朗希に求める「生きた球」

ときどきビーンボール

東尾修

2021/02/13 07:00

 1年目は実戦よりも体作り。今年は1軍の中である程度投げさせながら、自分が納得する形を見つけなければいけない。体ができあがる3年目へ向け大事な年となる。

 私が松坂大輔を西武の監督として預かった時に「早くから完成したらつまらない」と本人にも話した。そして常に「捕手のミットではなく、バックネットに突き刺す感覚で」と話してきた。それは荒々しさや、生きた直球を投げてほしいと思ったから。若い頃はフォームの細かいことよりも、ダイナミックさを求めた。ただ、今は時代が変わっているかな。特に160キロ以上投げる投手の肩、ひじへの負担は、想定をはるかに超えるもの。繊細な作業となろう。

 試行錯誤の年になるだろうが、「生きた球」を投げる感覚だけは身につけてもらいたい。バランスを考えるあまり、すべてを小さくしてほしくはない。何年たっても変わらない「芯」「骨格」となるものを見つけるシーズンにしてもらえたらいいと私は考える。

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

週刊朝日  2021年2月19日号

東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 1軍デビューの佐々木朗希に東尾修 「来年は球界を代表する投手に」
    筆者の顔写真

    東尾修

    1軍デビューの佐々木朗希に東尾修 「来年は球界を代表する投手に」

    週刊朝日

    5/29

    驚異の163キロ! 東尾修が大船渡・佐々木の指導者に求めるのは?
    筆者の顔写真

    東尾修

    驚異の163キロ! 東尾修が大船渡・佐々木の指導者に求めるのは?

    週刊朝日

    4/20

  • 「球は衰えても…」松坂大輔に東尾修が期待すること
    筆者の顔写真

    東尾修

    「球は衰えても…」松坂大輔に東尾修が期待すること

    週刊朝日

    2/15

    下半身強化に走り込みは必要or必要ない? 桑田真澄の手法に東尾修が期待
    筆者の顔写真

    東尾修

    下半身強化に走り込みは必要or必要ない? 桑田真澄の手法に東尾修が期待

    週刊朝日

    1/30

  • “大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」
    筆者の顔写真

    東尾修

    “大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」

    週刊朝日

    8/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す