【家つまみ】おせちで余った黒豆を…低カロリー「豆乳ぜんざい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】おせちで余った黒豆を…低カロリー「豆乳ぜんざい」

週刊朝日
おせちの黒豆で作る豆乳ぜんざい  (撮影/写真部・松永卓也)

おせちの黒豆で作る豆乳ぜんざい  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】お正月のおせち料理で余った黒豆を活用してぜんざいに。(左) 黒豆と一緒に煮汁も加えると豆の風味がいちだんと増す。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】お正月のおせち料理で余った黒豆を活用してぜんざいに。(左) 黒豆と一緒に煮汁も加えると豆の風味がいちだんと増す。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「おせちの黒豆で作る豆乳ぜんざい」。

【作る際の<ワンポイントアドバイス>はこちら】

*  *  *
 今年一年の無病息災を願って行う鏡開き。鏡餅を使って即席ぜんざいを作ってみませんか? ぜんざいと言えば小豆が一般的ですが、おせち料理で余った黒豆を使って、まろやかな豆乳仕立てにしてみました。豆乳は大豆が原料なので黒豆と合うんです。しかも低カロリーなのも嬉しいところ。お好みで少しコクが出る牛乳を使っていただいても結構です。

 作り方は簡単。鍋に豆乳と砂糖、塩を入れて弱火で温め、軽く混ぜ合わせます。鍋が温まったら、黒豆の煮豆と煮汁を加えて弱火で少し煮てください。ここで煮汁を加えることで豆の風味や甘みが加わり、ぐっとおいしくなるんです。強火にすると表面に膜ができるので気をつけてくださいね。そして豆を煮ている間、香ばしく焼き色がつく程度にお餅を焼きましょう。

 少し黒豆がやわらかくなったら鍋を火から下ろし、お椀に焼いたお餅を入れ、鍋のぜんざいを加え、黒豆と栗の甘露煮を添えます。今年一年の健康を願って、どうぞお召し上がりください。

(構成/沖村かなみ)

■おせちの黒豆で作る豆乳ぜんざい
【材料】(2人分) 黒豆の煮豆と煮汁60g、豆乳(もしくは牛乳)300ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1/4、餅2~3個、栗の甘露煮2個

【作り方】(1)鍋に豆乳、砂糖、塩を入れて弱火で温め軽く混ぜる。黒豆の煮豆と煮汁を加えて弱火で2分程度煮る。(2)餅を焼いて器に入れ、上から(1)を注ぎ、黒豆と栗の甘露煮を添える。

【ワンポイントアドバイス】お正月のおせち料理で余った黒豆を活用してぜんざいに。黒豆と一緒に煮汁も加えると豆の風味がいちだんと増す。

週刊朝日  2021年1月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい