増える「家族じまい」相談は5倍 「親の骨を拾いたくない」と家族代行に依頼も (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

増える「家族じまい」相談は5倍 「親の骨を拾いたくない」と家族代行に依頼も

大崎百紀週刊朝日
最近は葬儀を家族代行に依頼するケースが増えている  (GettyImages)

最近は葬儀を家族代行に依頼するケースが増えている  (GettyImages)

「最後、娘さんはお金よりもお父さんの体を心配するようになっていました。呼び方も、『あの人』から『お父さん』に変わりました。お父さんも亡くなるまで娘さんの名前を口にしていました」

「しまい方」に多様性があってもいいと話すのは、家族社会学が専門の中央大学の山田昌弘教授だ。

「世間からの非難を覚悟したうえで『家族をしまう』という選択をする人が増えていけば、社会は変わっていくことでしょう。日本は家族主義が非常に強い。欧米などでは家族のつながりは成人すれば自立した大人同士の関係になる。どこまでも自分の親がついてくるというのは日本的でその価値観に押しつぶされてしまうこともあるのです」

(本誌・大崎百紀)

週刊朝日  2020年12月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい