巨人がソフトバンクに勝つ唯一の策は「周東の出塁阻止」? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人がソフトバンクに勝つ唯一の策は「周東の出塁阻止」?

連載「ときどきビーンボール」

東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修

東尾修

50盗塁でパ・リーグ盗塁王のソフトバンク・周東佑京 (c)朝日新聞社

50盗塁でパ・リーグ盗塁王のソフトバンク・周東佑京 (c)朝日新聞社

 プロ野球の日本シリーズが開幕した。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、戦力差のある巨人が勝つ方法を考える。

【写真】50盗塁でパ・リーグ盗塁王のソフトバンク・周東佑京

*  *  *
 日本シリーズはソフトバンクと巨人との対戦となった。このコラムを書いている時点では、まだ開幕はしていない。願わくば、巨人が京セラドーム大阪でスタートする第1、2戦で、2勝するか、最低でも1勝1敗で入ってもらいたい。

 チームとしての総合力では、どうしてもソフトバンクのほうが上である。巨人がシリーズを制覇するには、互角と思える局面で、勝つしかない。例えば、初戦先発が予想される菅野智之。どんな相手だろうと、勝たなくてはならない。試合ごとの細かい局面でも、好機で迎えた打者を、バッティングカウントでしっかりと仕留められるかどうか。そういった積み重ねの数々がソフトバンクを倒すカギとなってくる。

 私がソフトバンクと対するのであれば、1番に入ると予想される周東佑京を必ず止めることを考える。出塁を許すと、ほぼ盗塁してくる。巨人バッテリーが、周東の盗塁をシリーズ通じて完全に止めることはできないだろう。出塁を許せば、ほぼ得点圏に走者を置くことになる。中軸の柳田、グラシアルを徹底的に抑えることに集中できるかどうかは、周東の出塁をどれだけ防げるかにかかっている。

 ソフトバンクは東浜がコンディション不良で登板できないという。ただ、石川、和田、ムーアなどしっかりと駒はそろっている。1、2試合落としても、経験、実績、そして試合の中での勝負ポイントを各自がわかっている。シリーズを通じて受け身に回らなければ、巨人に一気に押し込まれることはないだろう。

 CSのような一つの球場で、連戦で行う時は早い時点で流れをつかむことが大切になるが、日本シリーズは球場を行き来するし、移動日が存在する。CSよりも流れが二転、三転する可能性はある。

 昔から「初戦重視」「第2戦重視」などいろいろと言われるが、そんなセオリーなど存在しない。どうやって3敗する間に4勝するか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい