ジャパンカップは叩き上げのデアリングタクトがくる!アーモンドアイ、コントレイルはお疲れ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャパンカップは叩き上げのデアリングタクトがくる!アーモンドアイ、コントレイルはお疲れ

菊地武顕週刊朝日
オークス優勝のデアリングタクト(JRA提供)

オークス優勝のデアリングタクト(JRA提供)

八冠を達成したアーモンドアイ(C)朝日新聞社

八冠を達成したアーモンドアイ(C)朝日新聞社

大山ヒルズに帰ってきたコントレイル(C)朝日新聞社

大山ヒルズに帰ってきたコントレイル(C)朝日新聞社

 先の天皇賞秋で優勝し、史上最多の芝GI8勝目を挙げたアーモンドアイか。それとも2頭の無敗の三冠馬、牡馬のコントレイルか、牝馬のデアリングタクトか。

【写真】過密レースでお疲れ気味の女王はこちら

 11月29日に行われるジャパンカップ(東京競馬場・芝2400m)は、3強の争いで近年まれにみる盛り上がりをみせることは間違いない。

「アーモンドアイもコントレイルも大手牧場の生産馬で、いわばエリート中のエリート。それに対してデアリングタクトは叩き上げ。菅首相の“集団就職”に負けず劣らずの物語もあります。判官贔屓で人気を集めるかもしれないですね」(競馬記者)

 デアリングタクトは、家族経営の小さな牧場・長谷川牧場(北海道日高町)の生産。同牧場で2017年に生まれた同期生は、わずか5頭。アーモンドアイが生まれたノーザンファームの17年の生産馬は509頭だから、規模の違いは歴然。

 デアリングタクトは17年夏に競りに出されたが、なんと買い手がつかなかった。

 同牧場の長谷川文雄社長(69)はこう語る。

「ちゃっこかった(小さかった)からね。母親(デアリングバード。未勝利)も細くて、『モデルさんだねえ』と言いたくなるような馬だったし、あの子も生まれたときからほんとちゃっこかった。でも頭は良かったよ。言うことをちゃんと聞いた。声をかけると『ヒヒーン』と返事をしたし。今になって思えば、買い手がつかずに母親と一緒に過ごさせられたのが良かったんじゃないかなあ」

 翌年の競りで、1200万円で売れた。同じ競りでの1歳馬の平均落札価格は4600万円。億単位で取り引きされる競走馬が多いことを考えれば、実にリーズナブルな価格だ。

「こんなに勝つんだからもったいなかったと言う人もいるけど、うちみたいなちゃっこい牧場にとっては、競りで買ってもらうだけでありがたい。1200万で買っていただいた。感謝の気持ちですよ。そういえばその日の競りには、福永ジョッキー(祐一。コントレイルの騎手)も見に来ていたね。うちのに種付けした種牡馬はエピファネイアだからか、福永ジョッキーは『僕はエピファネイアに乗ってたんですよ』と声をかけてくれたんです。向こうは覚えてるかどうかわかんないけど。縁があって乗ってもらう機会があればなあと思ったけど、まあそれっきり。今やライバルになっちまったなあ」(長谷川社長)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい